北里大学医学部教育研究単位生化学単位

生化学単位

人体の仕組みを生体物質レベルで理解し、様々な疾患の原因究明や新しい治療法の開発に寄与する

構成員

生化学(堺)単位
教授  堺 隆一
准教授 板倉 誠
講師  河野 俊之
助教 白木原 琢哉
技術員 日景 祥子
 
生化学(新)単位
教授  
准教授 
講師  岡田 大助、山森 早織
助教  石井 郁子
技術員 菅谷 津貴子

教育について:画像2

教育について

第1学年の後期に開講する「タンパク質化学」では、生体分子の概要、タンパク質の構造と分析法、酵素の性質や疾患との関わりなどの講義を行っている。さらに公共データベースや解析ソフトウェアを用いたタンパク質の立体構造解析を一人一人体得するコンピューター演習や、3Dビジュアルシステムを用いた映像講義も行っている。「代謝学」では、生化学の骨格ともいえる糖代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝、核酸代謝の講義を行うと共に、代謝異常がどのような疾患の原因となり得るかを講義する。
第2学年の「医化学・栄養学」では、細胞内シグナル伝達系の全容と、栄養素として捉えた生体物質の役割やダイナミックな動態、各臓器の機能との関わりを中心として講義を行っている。さらにストレス応答や増殖、運動の制御、その破綻である癌についての講義も行っている。分子遺伝学単位と協力して行う「分子医化学実習」では血清タンパク質の精製や分析、細胞分画法、血糖値やインスリン、遺伝子導入法と蛍光による細胞内局在の可視化などの実習を行っている。
この他には、第1学年での「細胞生物学」や第3年での「器官系別Ⅰ」での生化学関連の講義を担当している。

研究について

腫瘍の悪性化に関わるシグナル解明と、それを用いた治療モデルの創出を目指す腫瘍生化学グループなど、各構成員が独自性を生かして難治性疾患の発症機序解明を目指し研究を展開している。2単位のうち新単位の教授は今後選出予定。

研究グループと教員紹介

腫瘍生化学グループ:堺 隆一(教授)、白木原 琢哉(助教)
腫瘍の悪性化に関わる活性化シグナルの解明を目指しています。
タンパク質3D構造グループ:河野俊之(講師)
立体構造解析を通じてタンパク質の機能とその制御機構の解明を目指しています。
神経科学グループ:板倉誠(准教授)、岡田大助(講師)、山森早織(講師)
情動障害やストレス障害、記憶障害などの原因を分子レベルで明らかにすることを目指しています。
スペクトルシミュレーション解析グループ:石井郁子(助教)
NMRとIRスペクトルを使って、生体分子の立体配座解析と機能解析を行っています。

北里大学医学部 生化学単位

連絡先:

〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1