北里大学医学部教育研究単位公衆衛生学単位

公衆衛生学単位

単位HP

集団の健康を守るための制度設計や活動の効率化をめざす

公衆衛生学教育について

公衆衛生学は、疾病の治療を目的とする臨床医学と違い、疾病予防を目的とし、かつ健康の保持増進を図る技術であることを理解させることを目標においています。健康に関与する要因は生存環境中の物理的、化学的、生物的な諸要因であり、これらが疾病の発生と悪化に深く関与し健康の保持増進に最も大きく影響しうることを学びます。さらに、現代における社会的要因と健康との関連の重要性を理解させたいと考えています。
そこで、講義においては広範囲にわたる分野(保健統計、疫学、地域保健・保健行政、母子保健、学校保健、老人保健・福祉、精神保健、国際保健医療、保健医療制度)を、医師国家試験の範囲を網羅するように講義計画を設定しています。環境要因による疾病を認めた場合に、環境に影響を受けやすい弱者の視点に立てるような態度をもち、自ら考えて改善の方法を考えることができる医師を養成することを目標としています。
実習においては、4年次では「予防医学」の科目の中で、衛生学単位と共同で疫学演習、健康診断、環境測定の実習を行い、5年次には同様に「公衆衛生学」実習の中で、栄養指導、健康指導の演習、北里研究所病院での予防医学・漢方医学・スポーツ医学実習、を行っています。6年次の選択臨床実習では、保健所、診療所、北里大学東洋医学総合研究所で実施しています。

公衆衛生学研究について

医師法第1条に医師の職務として「医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」と示しています。また、米国のレーガン大統領のもとで公衆衛生局長官を務めたDr. Everett Koopは、「医療はすべてのひとにとってある時不可欠になる、パブリックヘルスはすべての人に常に必要である」と述べています。公衆衛生は、医療が個人を対象にするのに対し、集団を対象とします。  
公衆衛生が対象とする領域は広く、疾病の予防から社会復帰、医療体制の効率化、医療資源の適正分配、新たな健康問題(例:新型インフルエンザや災害など)に対応するための法整備や制度改革などが含まれています。こうした課題に対して集団のデータを基に、計画立案、実施、評価、改善を行います。
当教室では、新型インフルエンザ対策、医療従事者のための産業保健活動(医師のメンタルヘルス、暴言暴力対策、ワークファミリーバランス)、災害時における公衆衛生、がん患者の就労支援、企業における肝炎対策、妊婦診療の効率化、臨床医のための公衆衛生プログラム、などに取り組んでいます。

NEWS

2012.03.01. 堤 明純が産業医大から赴任しました。今後ともよろしくお願いいたします。
2012.03.17. メキシコカンクンでICOH(国際産業保健学会)が開催され、堤、和田、川島が参加しました。
2012.03.23. 川島正敏現非常勤講師が、専属産業医を続けながら努力され、学位を取得しました。おめでとうございます。
2012.04.21. 相澤好治衛生学教授の退官記念祝賀会が盛会に開催されました。医学部機構改革に伴う衛生学と公衆衛生学の両単位の主任教授時代10年間を含み計17年間教授をお勤めになりました。
2012.05.30. 日本産業衛生学会学術総会が名古屋で開催され、教室員全員が参加しました。
2012.06.01. 和田耕治講師が日本産業衛生学会奨励賞を受賞しました。新型インフルエンザ対策、医療機関の産業保健活動等の研究と実践の活躍が受賞理由です。おめでとうございます。
2012.06.22. 第6回仕事と心血管疾患に関する国際会議の第1回組織委員会を北里大学白金キャンパスで開催しました。国際会議については、適宜情報を発信して参ります(http://icoh2013.com/)。
2012.07.01. 和田耕治講師が准教授に昇任しました。今後の活躍を期待します。
2012.07.19. 北里大学医学部附属臨床研究センター(KCRC)との共催で、「臨床研究支援講座アドバンスドコース(3)」第1回疫学・臨床疫学シリーズ「マルチレベル分析入門」を開催しました。公衆衛生学単位としては第1回セミナーとなります。
2012.07.21. 堤教授の教授就任祝賀会を相模原で開催しました。大学、行政、医師会、同窓会等、たくさんのご来賓にご出席いただき、感謝申し上げます。教室を挙げて公衆衛生の発展に尽力して参る所存ですので、今後ともご指導をよろしくお願いいたします。
2012.08.16. 和田准教授が「参加型改善活動を学ぶ国際研修(メコンデルタプログラム)」に参加しました。メコンデルタプログラムの参加者を中心にはぐくまれたネットワークは、アジア地域の参加型改善活動に大きな貢献をしています。
http://mekongdelta.metoshc.org/MD2011guide.html
2012.08.16. 第6回仕事と心血管疾患に関する国際会議の抄録の登録を開始しました(http://icoh2013.com/)。多くの皆さんのご参加を希望しております。
2012.12.07. NHKのあさイチで和田准教授がマスクの解説で出演しました。
2013.01.23. NHKのためしてガッテンで和田准教授が労働科学研究所の吉川徹さんとマスクの解説で出演しました。
2013.02.20 和田准教授が厚生労働省研究班で新型インフルエンザ等対策特別措置法に関連した教材とエビデンス集を作成しました(http://www.youtube.com/channel/UClcN9dl97VY0HVjVgm4IhUQ/videos?sort=dd&view=0&flow=list)。
2013.03.21. 宮本洋子さん、引田俊一先生が学位(医学博士)を取得されました。仕事を持ちながらのご努力に敬意を表します。
2013.03.30. 第6回仕事と心血管疾患に関する国際会議が成功裏に閉会しました。関係各位のご協力に心から感謝申し上げます。
2013.05.25. 北里大学大学院医療系研究科I期(一般入学試験・社会人特別選抜試験)の出願受け付けが8月26日から始まります。職業性ストレスの健康影響、労働者の健康の社会格差等の研究テーマに関心のある方はご相談ください。
2013.08.01 和田耕治准教授が独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力局に栄転されました。今後のさらなるご活躍を期待します。
2013.08.01. 江口 尚助教が着任されました。健康の社会決定要因について研究を進められます。
2013.09.06. 衛生学の角田准教授が当番幹事、堤が企画運営委員長で、日本産業衛生学会関東地方会第262回例会(一泊)・第57回見学会を開催しました。見学会では、いずれの事業場でも活発な質疑が行われ良い実地研修となりました。例会では、今日的課題である感染症に関して産業保健活動の中で何ができるのか、考えさせられる企画でした。
2013.09.07. 日本産業衛生学会関東地方会第262回例会で、太田助教が「産業保健活動における風疹対策の重要性」と題して講演しました。先天性風疹症候群の予防活動に取り組んでおられる可兒さんにもご登壇いただき憂慮すべき現状について教えていただきました(http://www5d.biglobe.ne.jp/~kani1120/)。
2013.10.24. 太田寛助教が学位を取得されました。激務の産科診療をされながらの努力に敬服します。
2014.02.27. 長谷川卓弥院生が学位を取得しました。おめでとう。4月からの社会人生活もがんばってください。
2014.06.03. 堤が、ポーランドの労働安全衛生研究所にあたるNOFA 研究所の解説60周年記念ワークショップで、ICOHの循環器科学委員会の立場から、仕事に起因する心血管疾患の予防と管理について講演をしてきました(http://www.imp.lodz.pl/home_en/offert_eng/public_2/)
2014.07.12 堤が、第10回北里大学農医連携シンポジウム「食のリスクとその軽減方法」に座長として参加しました。食の安全とリスク、その対策ということについてたいへん勉強になるシンポジウムでした。北里ならではの発展が期待される分野です。シンポジウムの内容は北里大学のホームページ(http://noui.kitasato-u.ac.jp/spread/symposium/)で公開しています。

最近のニュース、研究のアップデート情報等は、教室HPに移動しました(http://www.med.kitasato-u.ac.jp/~publichealth/)。どうぞお立ち寄りください。

北里大学医学部 公衆衛生学単位

連絡先:

〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

publichealth@med.kitasato-u.ac.jp