北里大学医学部教育研究単位新世紀医療開発センター・低侵襲光学治療学(内視鏡治療学)

新世紀医療開発センター

・低侵襲光学治療学(内視鏡治療学)

上部消化管(食道・胃・十二指腸)の最先端の内視鏡治療を提供します

印刷する

消化器内視鏡診療と今後の展望

私が専門としております消化器内視鏡診療は、診断から治療へと目覚ましい進歩・発展を遂げ、今日の消化器診療において必要不可欠なものとなっています。近年では内視鏡治療の果たす役割がますます大きなものとなり、その内容も高度な治療へと進化し、低侵襲治療の中心となっています。今後の目標は、1) 低侵襲内視鏡治療の開発、2) 産学連携による内視鏡関連機器の開発、3) 先進医療の推進であります。この課題を克服していくためには、学内はもとより高い技術力を有する企業とも密に連携することが必須と考えます。次世代型の新たな内視鏡治療の開発を積極的に進めていきたいと考えております。

1. 低侵襲内視鏡治療の開発
これからの超高齢化社会を迎えるにあたり、より低侵襲の次世代型内視鏡治療を実現するため、内科系・外科系を超えた内視鏡治療の開発に従事したいと考えています。すでに診療におきましては、最新の治療法として消化器内視鏡と外科での腹腔手術を組み合わせたLaparoscopy Endoscopy Cooperative Surgery (LECS)を導入し、胃粘膜下腫瘍の切除や内視鏡治療単独では治療が困難な胃・十二指腸領域の治療を行っております。また、耳鼻科領域につきましてもすでにEndoscopic Laryngopharyngeal Surgery(ELPS)を耳鼻科と協力して行っております。今後は、様々な診療科と横断的な診療を行いながら、新たな低侵襲治療の開発を行いたいと考えています。

2. 産学連携による内視鏡関連機器の開発
苦痛のない内視鏡検査の達成のために通常内視鏡の際に使用するマウスピースを改良し、嘔吐反射が起きにくい新型マウスピースを企業と共同開発し、すでに1,000を超える施設で採用されています。技術的に難易度の高い治療の標準化および次世代の低侵襲治療の開発に向けて、診療各科を超えた横断的な視点での統合とともに、光学系企業や最新の医療機器企業との産学共同体制を構築して新たな低侵襲内視鏡治療を開発・推進していきます。最終的には入院期間の短縮、Day Surgeryの発展にも寄与できるものと考えます。

3. 先進医療の推進
既存の標準的な医療では対応が困難な疾患を克服するために様々な領域の先進医療を推進していきたいと考えております。臨床試験・先進医療支援部とも連携して、次世代を担う新しい先端医療を開拓したいと考えています。

  • ・低侵襲光学治療学(内視鏡治療学):画像1

    画像1
    7cmに及ぶ大型の早期胃癌です。従来であれば確実に外科手術により胃切除が必要であった病変です。内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)により、内視鏡的に完全切除ができました。

  • ・低侵襲光学治療学(内視鏡治療学):画像2

    画像2
    ESDによる切除標本です。約10cm大の標本が切除され、病変は約7cm大、一括完全切除と診断しました。

北里大学医学部 新世紀医療開発センター ・低侵襲光学治療学(内視鏡治療学)

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
s-tanabe@kitasato-u.ac.jp
田邉 聡

教授:田邉 聡

Tanabe Satoshi

担当科目:

消化器内科学
上部消化管の内視鏡治療

専門分野:

上部消化器癌の内視鏡治療
消化管出血の内視鏡的治療
消化器癌化学療法
消化管運動機能

<資格>
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医
日本消化器病学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
食道科認定医
胃腸科指導医
H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
【学会活動】
日本消化器内視鏡学会総会評議員
日本胃癌学会評議員
日本食道学会評議員
Gastrointestinal Endoscopy International Editorial Board

上部消化器癌に対する内視鏡治療

早期胃癌、食道表在癌に関しては、医療技術の向上により内視鏡治療が急速に進歩しました。開院以来、私が関与した内視鏡治療の総数は早期胃癌約3,000例、食道表在癌480例に及びます。特に2002年から導入した内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が定着し、最近では年間に早期胃癌200症例以上(画像1)、食道表在癌についても60症例以上(画像2)と、全国の大学病院では有数の症例数を誇っております。多数の症例数を扱うことにより、合併症の少ない安全な内視鏡治療を提供することが可能となっています。また近年、80歳を超えるご高齢の患者様や様々な基礎疾患を合併し、標準的な内視鏡治療が困難な患者様も増加しております。このような場合には、患者様一人ひとりの状況に合わせた治療方針を一緒に考えながら対応しております。

主な研究業績

1. Tanabe S, Hirabayashi S, Oda I, Ono H, Nashimoto A, Isobe Y, Miyashiro I,Tsujitani S, Seto Y, Fukagawa T, Nunobe S, Furukawa H, Kodera Y, Kaminishi M,Katai H. Gastric cancer treated by endoscopic submucosal dissection or endoscopic mucosal resection in Japan from 2004 through 2006: JGCA nationwide registry conducted in 2013. Gastric Cancer. 2017 Feb 15. doi: 10.1007/s10120-017-0699-4.[Epub ahead of print]
2. Katai H, Ishikawa T, Akazawa K, Isobe Y, Miyashiro I, Oda I, Tsujitani S, Ono H, Tanabe S, Fukagawa T, Nunobe S, Kakeji Y, Nashimoto A; Registration Committee of the Japanese Gastric Cancer Association.. Five-year survival analysis of surgically resected gastric cancer cases in Japan: a retrospective analysis of more than 100,000 patients from the nationwide registry of the Japanese Gastric Cancer Association (2001-2007). Gastric Cancer. 2017 Apr 17. doi:10.1007/s10120-017-0716-7. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28417260.
3. Yano T, Tanabe S, Ishido K, Suzuki M, Kawanishi N, Yamane S, Watanabe A, Wada T, Azuma M, Katada C, Koizumi W. Different clinical characteristics associated with acute bleeding and delayed bleeding after endoscopic submucosal dissection in patients with early gastric cancer. Surg Endosc. 2017 Apr 4. doi:10.1007/s00464-017-5513-1. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28378078.
4. Tanabe S, Ishido K, Matsumoto T, Kosaka T, Oda I, Suzuki H, Fujisaki J, Ono H,Kawata N, Oyama T, Takahashi A, Doyama H, Kobayashi M, Uedo N, Hamada K, Toyonaga T, Kawara F, Tanaka S, Yoshifuku Y. Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer: a multicenter collaborative study.Gastric Cancer. 2016 Nov 2. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 27807641.
5. Yano T, Tanabe S, Ishido K, Azuma M, Wada T, Suzuki M, Kawanishi N, Yamane S,Sasaki T, Katada C, Mikami T, Katada N, Koizumi W. Delayed perforation after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer: Clinical features and treatment. World J Gastrointest Endosc. 2016 Apr 25;8(8):368-73.
6. >Chun HJ, Tanabe S, Choi MG, Saurin JC. Current Status and Future Directions of Capsule Endoscopy. Gastroenterol Res Pract. 2016;2016:4159745. doi:10.1155/2016/4159745. Epub 2016 Jan 28. PubMed PMID: 26941787; PubMed Central PMCID: PMC4749794.
7. Bando H, Yamada Y, Tanabe S, Nishikawa K, Gotoh M, Sugimoto N, Nishina T, Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H, Hironaka S, Shimada K, Miwa H, Hamada C, Hyodo I. Efficacy and safety of S-1 and oxaliplatin combination therapy in elderly patients with advanced gastric cancer. Gastric Cancer. 2016 Jul;19(3):919-26.
8. Higuchi K, Komori S, Tanabe S, Katada C, Azuma M, Ishiyama H, Sasaki T, Ishido K, Katada N, Hayakawa K, Koizumi W; Kitasato Digestive Disease and Oncology Group. Definitive chemoradiation therapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (DCF-R) in advanced esophageal cancer: a phase 2 trial (KDOG 0501-P2). Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2014 Jul 15;89(4):872-9.
9. Tanabe S, Ishido K, Higuchi K, Sasaki T, Katada C, Azuma M, Naruke A, Kim M, Koizumi W. Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. A retrospective comparison with conventional endoscopic resection in a single center. Gastric Cancer 2013 Apr 11[Epub ahead of print]
10. Higuchi K, Tanabe S, Azuma M, Sasaki T, Katada C, Ishido K, Naruke A, Mikami T, Koizumi W. Double-endoscope endoscopic submucosal dissection for the treatment of early gastric cancer accompanied by an ulcer scar. Gastrointest Endosc 2013 [Epub ahead of print]

更新日:2017年08月22日