北里大学医学部教育研究単位法医学単位

法医学単位

「ヒトは何故突然死ぬのだろう」その病態を解明する

印刷する

教育について

学生教育は、『臨床医に必要な法医学の学習』を基本方針として、まず死についての医学的・社会的・法律的な問題提起から始まり、死因あるいは死亡時刻を究明するために必要な知識を習得させ、さらに豊富な法医解剖例による事例講義と併せて、学内における異状死体の検案や法医解剖の見学または参加を積極的に行うことで、臨床医を志す者にとって必要とされる『法医学的考え方』を身につけられるよう教育しています。

さらに法医学単位では北里大学の位置する神奈川県県央地区で発生した異状死体および本学救命救急センターに搬送された病院到着時心肺停止(CPAOA)症例の検案と解剖を積極的に行っており、CPAOA症例については剖検結果を救命救急センター部との合同デスカンファレンスにて報告することで卒後教育にも参加しています。

研究について

研究テーマは形態学から遺伝学まで多岐にわたります。日本における異状死体の取り扱い制度、内因性突然死の病態と実態ならびにその臨床化学的診断法の確立、脳底部動脈のVariationと脳血管障害との関連性、自殺の社会医学的解析、さらに急死に関する研究では、心筋症について分子生物学的手法を用いて原因遺伝子の構造解析を行い、その発症メカニズムの解明に取り組んでいます。

死体現象に関する研究は、死後経過時間・死亡時刻推定の精度向上を目的として死体現象の数量化を試み、体液の採証学的研究では、剖検時採取された各種体液・臓器から犯罪あるいは死因に関わる薬毒物の迅速なスクリーニング法の開発を行うとともに、体液斑、毛髪、爪などを資料とした個人識別法の改良なども検討しています。

近年親子鑑定や犯罪捜査のためにDNA鑑定が重要事項となっていることから、個人識別や親子鑑定に有用なDNAマーカーの開発並びにデータベース作成を行うとともに、鑑定実務に適用することを目的に最適なゲノム情報解析法の開発研究を行っています。

  • 法医学単位:画像1

    近年は人口の高齢化を反映して75歳以上の死亡数が増加しており、神奈川県では死亡者数の約60%を占めています。県央地区でも同様な傾向が認められています。死亡者数の約15%が異状死体として取り扱われているなかで、法医学単位が取り扱った過去10年間の年平均検案・解剖数は約450体であり、その約半数はCPAOA症例です。

  • 法医学単位:画像2

    心臓性突然死をきたす疾患である心筋症は早くから家族内発症が知られ、遺伝子異常がその主な病因と考えられています。法医学単位では心筋サルコメア関連蛋白をコードする遺伝子を中心に解析を行い、病因となる遺伝子変異を明らかにしてきました。遺伝子の異常を解明することはその疾患を治療するうえで重要な第一歩であり,患者の予後推定やご家族へのフィードバックも可能となることから、突然死の予防にもつながるものと考えられます。

  • 法医学単位:画像3

    教員と技術職員、事務職員、修士課程および博士課程学生でチームを構成し、教育、研究および鑑定実務に精力的に取り組んでいます。(2010年3月)

北里大学医学部 法医学単位

教授:栗原克由(内因性突然死の病態解明)
講師:古川理孝(死体現象に関する研究)
   中村茂基(DNAプロファイリング)
助教:村上千香子(内因性突然死の分子生物学的解析)
   入江渉(内因性突然死の臨床化学的診断)

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
katikuri@med.kitasato-u.ac.jp
栗原 克由

教授:栗原 克由

Katsuyoshi Kurihara, M.D.,Ph.D

担当科目:

法医学

専門分野:

法医病理学

将来の展望

法医学単位では開設以来鑑定実務において多くの揺るぎない実績を積み上げてきました。実務として行っている異状死体の検案・解剖は、日本において例をみない程の活発な社会貢献活動であり、犯罪死体を埋没させないためにも異状死体の解剖率を上げることが求められている現在において、その活動は先駆的存在となっています。今後も卒前・卒後教育、研究および社会医学としての実務について21世紀における法医活動の新展開を目指しています。

研究室への参加者募集

法医学単位では異状死体の検案・解剖を通して内因性突然死の病態解明をメインテーマに幅広く研究活動を行っています。関連領域は形態学、病理学はもちろんのこと、病態生理学、中毒学、さらには分子生物学や集団遺伝学にも及んでいます。私たちは明日の法医学を担う若い力を募集しています。見学も常時受け付けていますので、興味のある方は遠慮なくお問い合わせ下さい。

主な研究業績

  1. Murakami C, Nakamura S, Kobayashi M, et al.: Analysis of the sarcomere protein gene mutation on cardiomyopathy –mutations in the cardiac troponin I gene-. Legal Med in press.

  2. Maeda K, Nakamura S, Murakami C, et al.: Analysis of three major sarcomeric genes (MYH7, TNNT2, MYBPC3) in cardiomyopathy. Forensic Sci Int Genet Suppl Se 2 (2009) 499-500.

  3. Kobayashi M, Nakamura S, Murakami C, et al.: Mitochondrial DNA analysis of human skeletal remains unearthed from Northern area of Kanagawa prefecture, Japan. Forensic Sci Int Genet Suppl Se 2 (2009) 263-264.

  4. Nakamura S, Murakami C, Maeda K, et al.: Analysis of AmpFlSTR MiniFilerTM loci and its forensic application. Forensic Sci Int Genet Suppl Se 2 (2009) 19-20.

  5. Sasaki C, Shinozuka T, Irie W, et al.: A fatality due to inhalation of 1,1-difluoroethane (HFC-152a) with a peculiar device. Forensic Toxicol 27 (2009) 45-48.

  6. Irie W, Furukawa M, Murakami C, et al.: A case of A-V shunt catheters migration into the pulmonary artery. Legal Med 11 (2009) 25-29.

  7. Nakamae T, Shinozuka T, Sasaki C, et al.: Etizolam and its major metabolites in two unnatural death cases. Forensic Sci Int 182 (2008) 1-6.

  8. Nakamura S, Murakami C, Irie W, et al.: Analysis of mtDNA control region using mitoSEQrTM resequencing system and its forensic application. Forensic Sci Int Genet Suppl Se 1 (2008) 292-294.

  9. Murakami C, Nakamura S, Sasaki C, et al.: Population genetics of Y chromosomal STR haplotypes in Japanese population. Prog Forensic genet 10 (2004) 313-315.

  10. Matsushita H, Nakamura S, Nagai T, et al.: Allele frequencies of dinucleotide repeat marker loci on the X chromosome in the Japanese population. Forensic Sci Int 129 (2002) 134-136.

更新日:2010年08月25日