北里大学医学部教育研究単位内分泌代謝内科学

内分泌代謝内科学

Department of Endocrinology, Diabetes and Metabolism

印刷する

教育について

糖尿病、高血圧、高脂血症などは、近年増加の一途をたどっており、これらの生活習慣病が脳血管疾患、心血管疾患、腎疾患などの発症・進展に寄与するといわれています。高血圧症に関しては、これまで本態性高血圧と考えられていた日本人の高血圧患者のうち、実際は約5〜10%が原発性アルドステロン症というデータが示されつつあり、このような内分泌性高血圧症を正確に診断し、適切な治療を行うことが動脈硬化性疾患の予防の観点からも重要視されています。我々の教室では、糖尿病、脂質異常症等の代謝疾患はもとより、バセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患、さらにクッシング症候群、原発性アルドステロン症、間脳・下垂体疾患など、広い領域の内分泌・代謝疾患を網羅して診療しております。一般に内分泌・代謝内科といっても、国内のほとんどの施設は 糖尿病を中心とする診療科と内分泌疾患を中心とする施設に分かれていますが、北里大学内分泌代謝内科は全国的にも珍しく、小児科・婦人科・泌尿器科領域を除くあらゆる内科的内分泌代謝疾患の専門診療を行っています。内分泌・代謝疾患はその特性上、標的臓器が全身に及ぶため、体内の各部臓器に対する知識および、各種の疾患に対する内科的知識が不可欠です。

卒前教育に関しては、医学部4年生の内分泌・代謝系Ⅱの講義および、医学部5年生の内分泌代謝内科の臨床実習を担当しています。講義では代謝疾患、内分泌疾患についての基礎医学知識の理解に努めると同時に、講義の合間に実際の疾患ごとの症例問題を提示して学生の理解に努めております。医学部5年生の臨床実習では、病棟で患者さんを受け持ってのカルテの記載や回診でのプレゼンテーション等を実際に行います。また、症例検討会に参加し、スタッフ間の症例の詳細なプレゼンテーションや、迫真のディスカッションを経験した後に、最後に学生同士でミニ症例検討会を行います。実習では、学生が臨床の現場で実際に疾患興味を持って積極的に参加出来るような体制を取っております。

研究について

外来患者さんの多数を占める、糖尿病研究を盛んに行っております。臨床研究としては、連続皮下ブドウ糖濃度測定器(continuous glucose monitoring system:CGMS)を利用した、糖尿病患者の血糖プロファイルの解析と病態に関する研究を。また、とりわけ重要な慢性合併症である糖尿病性腎症については、新たな診断マーカーの研究や、病理組織学的な研究を行っております。

さらに、最近注目を集めている多機能性生理活性ペプチドであるサリューシン-βの病態生理学的意義について、最先端の基礎的・臨床的研究を行っております。

  • 内分泌代謝内科学:画像1

    症例検討会1

    プレゼンテーション風景

    主に研修医が主体となり症例のプロトコールを作成しプレゼンテーションを行います。病態に関しては、皆活発に討論しております。

  • 内分泌代謝内科学:画像2

    症例検討会2:読影風景

    内分泌臓器の画像所見(MRI、CT、血管造影、シンチグラフィー等、)を皆で検討します。

    下垂体腺では1cm以下の微小な腺腫もあるため、詳細な検討が必要な際には、放射線科医に参加頂き詳細な読影をお願いする事もあります。

北里大学医学部 内分泌代謝内科学

教 授:七里 眞義
准教授:守屋 達美
助 教(研究員):高田 哲秀、松原まどか、鎌田 裕二、
市川 雷師、小川 顕史、林 哲範
助 教(病棟医):渡辺 道子、若倉 苑美、関根 絵梨子、
小川 惇郎、千田 将馬、土岐 卓也、大村 和規
非常勤:平井 法博、土屋 晶子

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
七里 眞義

教授:七里 眞義

Shichiri Masayoshi MD, PhD Professor

担当科目:

内分泌・代謝系Ⅰ、内分泌・代謝系Ⅱ
内分泌代謝内科臨床実習

専門分野:

内分泌学、代謝学、高血圧、
糖尿病性腎症

キーワード

高血圧、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、

糖尿病、バセドウ病

研究代表者の主な研究業績

  1. Nagashima M, Watanabe T, Shiraishi Y, Morita R, Terasaki M, Arita S, Hongo S, Sato K, Shichiri M, Miyazaki A, Hirano T: Chronic infusion of salusin-α and -β exerts opposite effects on atherosclerotic lesion development in apolipoprotein E-deficient mice. Atherosclerosis 2010;212:70-77

  2. Sato K, Fujimoto K, Koyama T, Shichiri M: Release of salusin-β from human monocytes/macrophages. Regulatory Peptides 2010;162:68-72

  3. Sato K, Fujimoto K, Koyama T, Shichiri M: Release of salusin-β from human monocytes/macrophages. Regulatory Peptides 2010;162:68-72

  4. Kimoto S, Sato K, Watanabe T, Suguro T, Koyama T, Shichiri M: Serum levels and urinary excretion of salusin-α in renal insufficiency. Regulatory Peptides 2010;162:129-132

  5. Sato K, Sato T, Susumu T, Koyama T, Shichiri M: Presence of immunoreactive salusin-β in human plasma and urine. Regulatory Peptides 2009;158:63-67

  6. Shichiri M, Fukai N, Kono Y, Tanaka Y: Rifampicin as an oral angiogenesis inhibitor targeting hepatic cancers. Cancer Research 2009;69:4760-4768

  7. Watanabe T, Nishio K, Kanome T, Matsuyama T, Koba S, Sakai T, Sato K, Hongo S, Nose K, Ota H, Kobayashi Y, Katagiri T, Shichiri M, Miyazaki A: Impact of salusin-α and -β on human macrophage foam cell formation and coronary atherosclerosis.  Circulation 2008;117:638-648

  8. Shichiri M: Reply to 'Salusins; newly identified bioactive peptides with hemodynamic and mitogenic activities' Nature Medicine 2007:13;661-662

  9. Shichiri M, Ishimaru S, Ota T, Nishikawa T, Isogai T, Hirata Y: Salusins; newly identified bioactive peptides with hemodynamic and mitogenic activities.  Nature Medicine 2003;9:1166-1172

更新日:2011年04月19日