北里大学医学部教育研究単位放射線科学「放射線腫瘍学」Department of Radiology and Radiation Oncology

放射線科学「放射線腫瘍学」Department of Radiology and Radiation Oncology

放射線科学「放射線腫瘍学」Department of Radiology and Radiation Oncology のHP

臨床腫瘍学に基づいた放射線治療の教育・研究・診療の実践を目指す

印刷する

教育について

教育目標:卒前・卒後教育を通じて、各臓器がんの病態の捉え方、各種がん治療の適応の考え方を主体に基礎的医学知識が臨床現場でどのように応用されているか、また、治療方針決定に関わる臨床指標などの背景について理解できるようになることを目標としている。当単位に所属した後は、放射線治療専門医の資格認定を目指す。なお、本学医療系大学院博士課程の「がんプロフェッショナル養成プラン」コースには、放射線治療専門医の育成を目的としたコースがあり、修了すれば専門医とともに博士の称号も取得できる。また、希望者には国内外の留学も推奨している。
具体的教育内容:悪性腫瘍の自然史、生物学的ならびに病理学的特徴、進展度に応じた治療体系の考え方を理解させ、がん集学的治療に占める放射線治療の役割を正しく認識させる。合わせて各疾患に特徴的な放射線治療法、治療に伴う有害事象とその予防と対策についての知識を習得させる。また、様々な悪性腫瘍、類縁疾患の診断を主体に、広く放射線画像診断の実際に関わることで、各種画像診断法の原理、適応と限界を理解させ、読影法を習得させる。さらに、多施設ならびに学内の多くの臨床試験に関わることで、臨床試験の立案、運営方法などについて学習させる。

研究について

研究概要:臓器機能の温存を目指した高精度放射線治療に関わる基礎的・臨床的研究を推進している。また、各種がんの特性に基づく抗がん剤ならびに他の薬剤との併用療法の最適化、密封小線源治療技術の開発に関する研究を進めている。また,PET/CTによる放射線治療計画法の実践・開発、RI内用療法による臨床研究を行っている。
研究主題
1)各種悪性腫瘍に対する放射線療法の最適化と標準化に関する研究:各種悪性腫瘍の特徴に応じた至適照射法の開発を行い,治療成績の向上を図る。
2)前立腺癌に対する密封小線源治療の最適化に関する研究:前立腺癌の低および高線量率密封小線源治療の適応と標準化について検討する。
3)oligometastasesに対する放射線療法の臨床・病理学的予後因子の検討:子宮頸癌,脳転移を主体にoligometastasesに対する放射線療法の役割・予後因子について検討する。
4)動体追跡医科学研究:肺癌に対する体幹部定位放射線照射・動体追跡照射の臨床研究を行う。
5)肺癌個別最適化医療に資するバイオマーカーと標準的放射線療法の確立に関する臨床的研究〔文部科学省科学研究費・基盤研究(C)〕:肺癌の分子生物学的・病理組織学的特徴(とくにバイオマーカー)と放射線療法±化学療法(分子標的薬を含む)による治療効果ならびに予後との関連性を検討する。
6)PET/CT診断薬に関するI・II相臨床試験:泌尿器科学との共同にて放射線科学全体で行う。


【学外研究機関との共同研究】
1)放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究(JCOG、JROSGなど):臨床試験の体系化を図り,多施設共同で,I期非小細胞肺癌の定位放射線治療, I・II期声門癌の放射線治療と乳房温存術後乳房照射の短期照射法の確立を目指す。
2)前立腺に対するLDR、HDR組織内照射等の標準化の研究;前立腺癌を主体に標準的な低線量率ならびに高線量率密封小線源治療の確立を目指す。
3)化学放射線療法の開発研究;直腸癌,肺癌など新たな化学放射線同時併用療法の多施設共同の臨床試験・治験を行っている。

【学内共同研究】
1)KGROG(北里婦人科放射線腫瘍研究グループ)による共同研究;子宮頸癌を中心に婦人科癌に対する標準的集学治療法の確立を目指す。

診療については こちらをご覧下さい。

 

放射線科学「放射線腫瘍学」は、放射線科学「画像診断学」とともに放射線科学という大単位を形成し、互いに友好的、機能的に運営されています。放射線科学全般に関わる教育、研究、診療については放射線科学単位全体で協力して行っています。

北里大学医学部 放射線科学「放射線腫瘍学」Department of Radiology and Radiation Oncology

教 授:早川和重(放射線治療科長)
客員教授:Ritsuko Komaki(University of Texas MD Anderson Cancer Center)
     辻井博彦(放射線医学総合研究所)
     井上登美夫(横浜市立大学)
准教授:
講 師:石山博條(放射線治療科・外来主任)
非常勤講師:北野雅史
助 教:小森承子(研究員)、早田 格(研究員)、関口茜衣(病棟医)、川上正悟(病棟医)、竹中浩二(病棟医)

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
hayakazu@med.kitasato-u.ac.jp
早川和重

主任教授:早川和重

Kazushige Hayakawa

担当科目:

放射線科学「放射線腫瘍学」、基礎放射線科学

専門分野:

放射線腫瘍学

主な研究業績

  1. Tanaka Y, Nakazawa T, Komori S, Hidaka H, , Okuwaki Y, Takada J, Watanabe M, Shibuya A, Minamino T, Yamamoto H, Kokubu S, Hayakawa K, Koizumi W:Radiotherapy for patients with unresectable advanced hepatocellular carcinoma with invasion to intrahepatic large vessels: efficacy and outcomes. J Gastroenterology and Hepatology. 2014;29(2):352-57.

  2. Sekiguchi A, Ishiyama H, Satoh T, Tabata K, Komori S, Tsumura H, Kawakami S, Soda I, Iwamura M, Hayakawa K:125Iodine monotherapy for Japanese men with low- and intermediate-risk prostate cancer: outcomes after 5 years of follow-up. J Radiat Res. 2014;55(2):328-33.

  3. Nakayama M, Okamoto M, Hayakawa K, Miyamoto S, Ishiyama H, Komori S, Okamoto T, Seino Y, Kano K, Soda I, Sekiguchi A, Kawakami S. Clinical Outcomes of 849 Laryngeal Cancers Treated in the Past 40 Years: Are We Succeeding? Jpn J Clin Oncol. 2014;44(1):57-64

  4. Ishiyama H, Satoh T, Kitano M, Tabata KI, Komori S, Ikeda M, Soda I, Kurosaka S, Sekiguchi A, Kimura M, Kawakami S, Iwamura M, Hayakawa K. High-dose-rate brachytherapy and hypofractionated external beam radiotherapy combined with long-term hormonal therapy for high-risk and very high-risk prostate cancer: outcomes after 5-year follow-up. J Radiat Res. 2014;55(3):509-17.

  5. Nakayama M, Okamoto M, Hayakawa K, Ishiyama H, Kotani S, Miyamoto S, Seino Y, Okamoto T, Soda I, Sekiguchi A. Clinical outcome of supracricoid laryngectomy with cricohyoidoepiglottopexy: Radiation failure versus previously untreated patients. Auris Nasus Larynx.2013;40(2):207-10.

  6. Yamashita H, Niibe Y, Toita T, Kazumoto T, Nishimura T, Kodaira T, Eto H, Kinoshita R, Tsujino K, Onishi H, Takemoto M,Hayakawa K. High-dose-rate intra-cavitary brachytherapy combined with external beam radiation therapy for under 40-year-old patients with invasive uterine cervical carcinoma: clinical outcomes in 118 Patients in a Japanese multi-institutional study, JASTRO. Japanese Journal of Clinical Oncology.2013;43(5):547-52.

  7. Kurosaka S, Satoh T, Chow E, Asano Y, Tabata KI, Kimura M, Tsumura H, Matsumoto K, Ishiyama H, Inoue Y, Hayakawa K, Baba S.: EORTC QLQ-BM22 and QLQ-C30 quality of life scores in patients with painful bone metastases of prostate cancer treated with strontium-89 radionuclide therapy. Ann Nucl Med. 2012;26(6):485-91.

  8. Ishiyama H, Nakamura R, Satoh T, Tanji S, Teh BS, Uemae M, Baba S, Hayakawa K: Matched-pair analysis and dosimetric variations of two types of software for interstitial permanent brachytherapy for prostate cancer. Med Dosim. 2012 ;37(1):84-6.

  9. Harada H, Seto T, Igawa S, Tsuya A, Wada M, Kaira K, Naito T, Hayakawa K, Nishimura T, Masuda N, Yamamoto N.: Phase I results of vinorelbine with concurrent radiotherapy in elderly patients with unresectable, locally advanced non-small-cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group (WJTOG3005-DI). Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012;82(5):1777-82.

  10. Hara T, Inoue Y, Satoh T, Ishiyama H, Sakamoto S, Woodhams R, Baba S, Hayakawa K.: Diffusion-weighted imaging of local recurrent prostate cancer after radiation therapy: comparison with 22-core three-dimensional prostate mapping biopsy. Magn Reson Imaging. 2012;30(8):1091-8.

更新日:2014年08月21日