北里大学医学部教育研究単位生理学(河原)単位

生理学(河原)単位

腎尿細管におけるイオン輸送制御機構の解明

印刷する

教育について

生理学(2年)と生理学実習(3年)を主に担当している。この他、1年時の細胞生物学では細胞膜の機能や物質輸送を講義し、3年時の器官系別総合教育(腎・尿路系、内分泌・代謝系、循環器系、消化器系)では、体液や上皮輸送(吸収・分泌)に関連する講義を行っている。

研究について

腎尿細管のイオン輸送機能を直接担う膜蛋白質(チャネル、輸送体)の構造機能解析を中心に、その調節因子の同定を行っている。多くの実験技法を用いているが、遺伝子改変マウスは欠かせない。遺伝子高次機能解析センターのスタッフの方々には大変お世話になっている。パッチクランプ法(電気生理学)、共焦点レーザー顕微鏡(光学的手法)は元より、免疫組織化学(IHC)、In situ ハイブリダイゼーション(ISH)(形態的手法)とLaser Capture Microdissection (LCM), Real time PCR、Microarray法などの遺伝子解析技術を駆使して生理学教室の研究を発展させている。

ドイツのProf. F. Lang(Tübingen U.大学院客員教授)、Prof. H. Oberleithner (Münster U.)、米国のProf. M.J. Caplan (Yale U.)と国際学術交流を行っている。

動物細胞は,生存に必要な様々な物質(水,イオン,栄養物)を細胞外液から摂取し,その代謝産物を細胞外に放出する。細胞膜の脂質二重層は物質輸送の観点からは障壁であり,膜輸送蛋白(イオンチャネル,輸送体)が実質的な輸送経路になっている。我々の研究室では,上皮系細胞のイオンチャネル,溶質輸送体の分子構造と機能解析を行っている。

  • 生理学(河原)単位:画像1
  • 生理学(河原)単位:画像2

    2015Kitasato-Yale Fluid Symposium: Molecular Control of Cellular and Epithelial Functionの会場風景(白金キャンパス、3月2日)

北里大学医学部 生理学(河原)単位

教授:河原克雅
講師:佐藤亮平, 安岡有紀子
助教:福田英一
教育系技術職員:大嶋友美

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
kawahara@kitasato-u.ac.jp
河原克雅

教授:河原克雅

Katsumasa Kawahara, MD, PhD, Professor

担当科目:

生理学,生理学実習

専門分野:

腎生理, イオンチャネル

キーワード

腎尿細管,イオンチャネル,イオン輸送体,酸塩基調節,体液量調節

主な研究業績

  1. Yasuoka Y, Sato Y, Healy JM, Nonoguchi H, Kawahara K. pH-sensitive expression of calcium-sensing receptor (CaSR) in type-B intercalated cells of the cortical collecting ducts (CCD) in mouse kidney. Clin Exp Nephrol. 2014 Dec 13.

  2. Itoh K, Izumi Y, Inoue T, Inoue H, Nakayama Y, Uematsu T, Fukuyama T, Yamazaki T, Yasuoka Y, Makino T, Nagaba Y, Tomita K, Kobayashi N, Kawahara K, Mukoyama M, Nonoguchi H. Expression of three isoforms of Na-K-2Cl cotransporter (NKCC2) in the kidney and regulation by dehydration. Biochem Biophys Res Commun. 2014 Oct 24;453(3):356-61.

  3. Nagai T, Yasuoka Y, Izumi Y, Horikawa K, Kimura M, Nakayama Y, Uematsu T, Fukuyama T, Yamazaki T, Kohda Y, Hasuike Y, Nanami M, Kuragano T, Kobayashi N, Obinata M, Tomita K, Tanoue A, Nakanishi T, Kawahara K, Nonoguchi H. Reevaluation of erythropoietin production by the nephron. Biochem Biophys Res Commun. 2014 Jun 27;449(2):222-8.

  4. Tanemoto M, Abe T, Uchida S, Kawahara K. Mislocalization of K+ channels causes the renal salt wasting in EAST/SeSAME syndrome. FEBS Lett. 2014 Mar 18;588(6):899-905.

  5. Izumi Y, Kawahara K, Nonoguchi H. Combined angiotensin inhibition in diabetic nephropathy. N Engl J Med. 2014 Feb 20;370(8):777-8.

  6. Naganuma H, Kawahara K, Tokumasu K, Satoh R, Okamoto M. Effects of arginine vasopressin on auditory brainstem response and cochlear morphology in rats. Auris Nasus Larynx. 2014 Jun;41(3):249-54. 

  7. Nonoguchi H, Izumi Y, Nakayama Y, Matsuzaki T, Yasuoka Y, Inoue T, Inoue H, Mouri T, Kawahara K, Saito H, Tomita K. Effects of atrial natriuretic peptide on bicarbonate transport in long- and short-looped medullary thick ascending limbs of rats. PLoS One. 2013 Dec 23;8(12):e83146.

  8. Torii T, Miyamoto Y, Onami N, Tsumura H, Nemoto N, Kawahara K, Kato M, Kotera J, Nakamura K, Tanoue A, Yamauchi J. In vivo expression of the Arf6 Guanine-nucleotide exchange factor cytohesin-1 in mice exhibits enhanced myelin thickness in nerves. J Mol Neurosci. 2013 Oct;51(2):522-31. 

  9. Amoh Y, Mii S, Aki R, Hamada Y, Kawahara K, Hoffman RM, Katsuoka K. Multipotent nestin-expressing stem cells capable of forming neurons are located in the upper, middle and lower part of the vibrissa hair follicle. Cell Cycle. 2012 Sep 15;11(18):3513-7.

  10. Zhou M, He HJ, Tanaka O, Sekiguchi M, Kawahara K, Abe HLocalization of the ATP-sensitive K+ channel regulatory subunits SUR2A and SUR2B in the rat brain. Neurosci Res. 2012 Oct;74(2):91-105.

更新日:2015年04月01日