北里大学医学部教育研究単位生理学(川上)単位

生理学(川上)単位

神経系の活動性の調節に関する研究

印刷する

教育について

医学部2年次の生理学、3年次の生理学実習、系別総合(神経系I)を担当しています。生理学では、神経細胞の機能・調節といったミクロなレベルから、感覚、体性反射、自律反射等全身の運動を制御する仕組みを講義します。更に、呼吸・循環系についても、基礎教育を分担しています。生理学実習では、2年次に学んだ生体の仕組みを自分の身体及び動物実験等で再確認し、更に実習を通して学んだ項目について的確にまとめて発表する訓練を行います。神経系Iでは、感覚を含めた神経系の生理を総合的に講義し、臨床科目への橋渡しを担います。

研究について

生理学 川上単位は、現在教員5名と、大学院生1名の所帯で、神経系の活動の調節性に関する研究を中心に据えて、幅広い活動を行っています。 比留間准教授を中心に、手法としては、ビデオ増感顕微鏡システム(生体の活動を無染色のまま2〜4万倍に拡大してリアルタイムで観察・記録し、計測することができるシステム)を用いて、軸索輸送の調節、オルガネラの機能、内分泌細胞の分泌調節等の解明を目指しています。更に、画像解析(自動計測)にも力を入れ、コンピュータへ取り込んだビデオ画像を元に可視化した粒子群の活動性の変化を定量化するアルゴリズムを開発中です。ビデオ増感顕微鏡システムを利用した臨床科との共同研究も成果をあげてきています。

  • 生理学(川上)単位:画像1

    川上等が開発したビデオ増感顕微鏡システムを用いて、神経の軸索輸送が2万倍超の倍率で観察が可能である。ミトコンドリア、オルガネラ等の動きをリアルタイムに観察することができ、神経細胞の活動についてその調節機構をさぐることができる。スケールは1マイクロメータ。

  • 生理学(川上)単位:画像2

    アクリジンオレンジをロードした神経細胞の青色光励起によるライソゾームの急激な発光と、細胞膜の泡状突起形成(細胞崩壊)。

  • 生理学(川上)単位:画像3

    教室メンバー

北里大学医学部 生理学(川上)単位

教 授: 川上 倫
准教授: 比留間 弘美
講 師: 磯中 理沙
講 師: 片倉 隆(非常勤)

連絡先: 〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
kawakami@med.kitasato-u.ac.jp
川上 倫

教授:川上 倫

Tadashi Kawakami, M.D., Ph.D. Professor

担当科目:

生理学、生理学実習、神経系I

専門分野:

神経生理学

主な研究業績

  1. Effects of 4-aminopyridine on organelle movement in cultured mouse dorsal root ganglion neurites.

    Hiruma H, Kawakami T.

    J Mol Neurosci. 2010 Mar;40(3):295-302. Epub 2009 Jul 30.

  2. Spinal procaine is less neurotoxic than mepivacaine, prilocaine and bupivacaine in rats.

    Takenami T, Yagishita S, Nara Y, Tsai YH, Hiruma H, Kawakami T, Hoka S.

    Reg Anesth Pain Med. 2009 May-Jun;34(3):189-95.

  3. Vesicle disruption, plasma membrane bleb formation, and acute cell death caused by illumination with blue light in acridine orange-loaded malignant melanoma cells.

    Hiruma H, Katakura T, Takenami T, Igawa S, Kanoh M, Fujimura T, Kawakami T.

    J Photochem Photobiol B. 2007 Jan 3;86(1):1-8. Epub 2006 Sep 18.

  4. Nitric oxide synthase activity in rat gastric mucosa contributes to mucin synthesis elicited by calcitonin gene-related peptide.

    Ichikawa T, Kusakabe T, Gono Y, Shikama N, Hiruma H, Kawakami T, Ishihara K.

    Biomed Res. 2006 Jun;27(3):117-24.

  5. Neurotoxicity of intrathecally administered bupivacaine involves the posterior roots/posterior white matter and is milder than lidocaine in rats.

    Takenami T, Yagishita S, Murase S, Hiruma H, Kawakami T, Hoka S.

    Reg Anesth Pain Med. 2005 Sep-Oct;30(5):464-72.

  6. Effects of soluble laminin on organelle transport and neurite growth in cultured mouse dorsal root ganglion neurons: difference between primary neurites and branches.

    Kohno K, Kawakami T, Hiruma H.

    J Cell Physiol. 2005 Nov;205(2):253-61.

  7. Correlation between semaphorin3A-induced facilitation of axonal transport and local activation of a translation initiation factor eukaryotic translation initiation factor 4E.

    Li C, Sasaki Y, Takei K, Yamamoto H, Shouji M, Sugiyama Y, Kawakami T, Nakamura F, Yagi T, Ohshima T, Goshima Y.

    J Neurosci. 2004 Jul 7;24(27):6161-70.

  8. Nitric oxide generated by iNOS reduces deformability of Lewis lung carcinoma cells.

    Igawa S, Hayashi I, Tanaka N, Hiruma H, Majima M, Kawakami T, Hirose M, Masuda N, Kobayashi H.

    Cancer Sci. 2004 Apr;95(4):342-7.

  9. Glutamate and amyloid beta-protein rapidly inhibit fast axonal transport in cultured rat hippocampal neurons by different mechanisms.

    Hiruma H, Katakura T, Takahashi S, Ichikawa T, Kawakami T.

    J Neurosci. 2003 Oct 1;23(26):8967-77.

  10. Fatty acids as an energy source for the operation of axoplasmic transport.

    Takenaka T, Hiruma H, Hori H, Hashimoto Y, Ichikawa T, Kawakami T.

    Brain Res. 2003 May 16;972(1-2):38-43.

更新日:2017年03月02日