医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成28年度「共同利用・共同研究・熊本地震支援」について【国立大学法人徳島大学 先端酵素学研究所】2016:06:27:14:39:08
16.06.27
    カテゴリ:他大学からの公募
【公募概要】

●公募事項
(A)共同利用
本研究所では、次世代シーケンス/トランスクリプトーム解析・エピゲノム解析・プロテオーム解析・ゲノム編集マウス作成に関する技術支援を提供しています。国内外からの共同利用を広く公募します。原則として1件あたり共同利用経費100万円を上限に補助します。

(B)共同研究
本研究所では、生命情報を統合的に理解する先端的な基礎医学研究を推進するとともに、難治性疾患および慢性疾患の根本的理解と治療法の開発を目指しています。次の17研究分野に関して国内外からの共同研究を広く公募します。研究機関は基本的に1会計年度です。複数年の研究計画を提案いただくことも可能ですが、審査は年度ごとに行います。原則として1件50万円を上限とします。特に必要な場合には、「戦略的研究課題」として、必要性を明記し1件100万円を上限に申請いただくことも可能です。詳細は各分野担当者にご相談ください。

(C)熊本地震支援
この度の熊本地震にて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。研究室の被災により研究遂行に難渋している研究者(大学院生を含む)に、本研究所での研究の場を提供します。研究材料の保管や研究機器による測定などを含みます。往復の旅費と滞在費を規定により支給します。原則として1件50万円を上限とします。

●応募資格
国内外の大学の教員その他研究機関に所属する研究者(大学院生を含む)および所長が認める者。学術的に挑戦的な研究提案を期待します。本研究所は、性別、年齢、国籍、人種等の多様性を尊重します。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年7月15日
【募集団体】国立大学法人徳島大学 先端酵素学研究所
【応募資格等】上記参照
【備 考】
URL
Download