医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成24年度 再生医療の実現化プロジェクト「疾患特異的iPS 細胞を活用した難病研究」の募集【文部科学省】2012:09:06:16:32:46
12.09.06
    カテゴリ:公的研究費関連(科研費以外) / 文部科学省関連
【公募概要】

疾患特異的iPS 細胞を用いた疾患研究および創薬の成功例を創出することを目的として、iPS 細胞作製やその分化誘導技術を有する拠点機関と、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)の補助を受けている研究課題及び製薬企業等が共同研究を実施する「共同研究拠点」と、多種多様な疾患の患者体細胞から疾患特異的iPS 細胞を樹立して細胞バンクの充実を図ることを目的とした「樹立拠点」について募集を行います。
●申請要件等
(1)本事業は、機関を対象として公募します。そのため、課題の申請は代表機関の長が行うものとし、申請機関は、国内の大学、研究開発機関、企業等とします。
(2)課題が採択された場合に、課題の事業の実施に際し、所属機関の施設及び設備が使用できる機関であることが必要です。
(3)課題が採択された場合に、課題の契約手続き等の事務を行うことができる機関であることが必要です。
(4)本事業の終了後も、引き続き研究開発を推進し、他の研究機関及び研究者への協力を行うことができる機関であることが必要です。
●公募対象課題
本事業において、創薬等による新規治療法の開発及び疾患特異的iPS 細胞バンクの充実を目指すにあたり、以下の2 種類の拠点の公募を実施します。
①共同研究拠点
拠点機関、難治性疾患研究班研究者および製薬企業等との共同研究にて疾患特異的iPS 細胞の樹立、目的細胞への分化誘導ならびにそれを用いた疾患研究、さらには製薬企業との創薬等を実施し、難治性・希少性疾患の病態解明・創薬を目指す拠
点。さらに、樹立した疾患特異的iPS 細胞を細胞バンクに寄託、公開することで、バンクの充実に寄与するとともに、疾患特異的iPS 細胞の技術の普及も図る。
②樹立拠点
国内の研究機関、医療機関等から患者体細胞を患者情報とともに収集し、疾患特異的iPS 細胞を樹立して、細胞バンクに寄託、公開することで、バンクの充実を図る拠点。
※各拠点の事業内容については、募集要項をご参照ください。
●応募方法
府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による電子申請となります。所定の申請書を作成の上、アップロードして下さい。
ただし、郵送での提出が必要な様式もありますのでご注意ください。
※申請書(提案書類)の作成は、必ず募集要項を熟読の上、作成して下さい。

申請される場合は、医学部研究振興係までご連絡ください。申請は府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を利用して応募となります。尚、応募が完了いたしましたら応募書類をダウンロードの上、速やかに医学部事務室研究振興係までご報告ください。
※ e-Rad 申請に伴う注意事項
1)申請をする場合には、事前に各学部等事務室へ申請する旨を連絡して下さい。
2)受付時間を1秒でも過ぎますと入力途中であっても受付ができなくなりますので、ご注意ください。
3)パソコンのトラブル等により締切時間が過ぎ、申請ができなかった例もありますので、余裕を持って申請手続きをお願い致します。

【助成額等】要項参照
【学内締切】 平成24年9月21日(金)
【募集団体】文部科学省
【応募資格等】要項参照
【備 考】その他詳細は下記ホームぺ-ジをご参照ください。