医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成24年度 宇宙利用促進調整委託費の公募の募集【文部科学省】2012:11:01:09:02:34
12.11.01
    カテゴリ:公的研究費関連(科研費以外) / 文部科学省関連
【公募概要】

●目的
政府の宇宙開発利用の指針として決定された宇宙基本計画(平成21 年6 月2 日宇宙開発戦略本部決定)において、「専門家にとどまらず潜在的な一般の利用者も含めた利用者の拡大を図るとともに、衛星データ等利用の利便性向上を図ることなどが重要で
ある。」とあること等から、平成21 年度に、宇宙利用の裾野拡大を目的として、宇宙利用促進調整費が創設されました。
本事業は、宇宙利用が促進され、国民生活の一部に取り込まれることを目指し、人工衛星に係る潜在的なユーザーや利用形態の開拓等、宇宙利用の裾野の拡大を目的として、産学官の英知を幅広く活用する新たな仕組みを政府として構築することを目的としています。
●公募対象プログラム
【①宇宙科学技術利用促進プログラム】
<目的>
環境、医療、農業、防災分野等において宇宙科学技術の新たな利用方法を開発し、利用者側の参加を前提に利用実証を行って、海外展開や国際協力の観点から見て戦略性が高く、国民社会において将来活用し得る技術への到達を目指す。
<対象者>
宇宙科学技術の新たな利用方法を開発する者
【②宇宙科学技術人材育成プログラム】
<目的>
小中学生から大学院生まで、それぞれのレベルに応じた教材開発、実験機会の提供等を通じて、将来の宇宙に携わる人材の育成を目指す。
<対象者>
教材開発、実験機会の提供等を通じて、将来の宇宙に携わる人材を育成する者。
●対象衛星等
利用する衛星については実用衛星、科学衛星、技術実証衛星等国内の衛星の他、宇宙ステーション、海外の衛星を含み、限定しない。
●事業規模
原則として、1件あたり各年度あたり上限を1000 万円(事業の内容からみてやむを得ないものは3000 万円)
上記の事業規模(平成24 年度充当見込額)は、研究に係る直接経費と間接経費(直接経費の30%)で構成。
なお、平成24 年度については、事業開始(平成25 年1 月下旬見込み)から事業終了(平成25 年3 月15 日見込み)において執行可能な額。
●実施期間
実施期間 原則として、平成26 年度末までの3 カ年。ただし、複数年の実施を行う場合、平成25 年度以降については各年度予算に基づき課題内容の見直し等を求めることがある。
●採択課題数
原則として、2つのプログラムを併せて10~20 件程度
●応募対象者の要件
自ら実施する能力を有し、文部科学省と委託契約を締結することができる以下に示す国内の大学、研究機関、民間企業等に所属する方、又はこれらの機関に属する方で構成するチーム(以下「チーム」という。)。ただし、提案書は所属する機関を通して
提出。
 地方公共団体
 大学、大学共同利用機関、高等専門学校 等
 国公立試験研究機関
 民間企業(法人格を有する者)
 独立行政法人、特殊法人及び認可法人
 公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人、特例民法法人
 特定非営利活動法人
●詳細等はホームページ又は公募要領を必ずご参照ください。

申請される場合は、医学部研究振興係までご連絡ください。申請は府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を利用して応募となります。尚、応募が完了いたしましたら応募書類をダウンロードの上、速やかに医学部事務室研究振興係までご報告ください。

【助成額等】上記参照
【学内締切】 平成24年11月6日(金)
【募集団体】文部科学省
【応募資格等】上記参照
【備 考】その他詳細は下記ホームぺ-ジをご参照ください。