医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成22年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の募集【農林水産省】2010:01:26:14:16:14
10.01.26
    カテゴリ:公的研究費関連(科研費以外) / 農林水産省関連
【公募概要】

●事業の概要
農林水産省では、農林水産業・食品産業の発展や地域の活性化などの農林水産政策の推進及び現場における課題の解決に向けた実用技術の開発を、「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」により実施しています。
本事業は、提案公募による競争的研究資金であり、平成22年度の研究課題については、以下の研究タイプごとに、募集を行う予定です。
*「競争的研究資金」とは、広く研究開発課題を募り、専門家による科学的・技術的な観点を中心とした評価に基づいて実施すべき課題を選択することを通じて、研究者に配分される資金をいいます。なお、公募要領等については、ホームページ(http://www.s.affrc.go.jp/docs/research_fund/2010/fund_2010.htm)に掲載しています。
●今回研究課題の募集を行う研究タイプ
(1)研究領域設定型研究
あらかじめ、農林水産省が、農林水産政策推進上、重要性・緊急性が高いものとして、研究領域を設定し、これに基づき提案を求めるもの
(平成22年度研究領域の詳細については公募要領を参照)
[平成22年度研究領域]
1)競争力強化のための生産システムの改善
2)新たな可能性を引き出す新需要の創造
3)地域農林水産資源の再生と生態系保全
4)食品産業の競争力強化と農林水産物・食品の輸出拡大
5)温室効果ガス排出削減のための省エネルギー・新エネルギー対策
・研究実施期間:原則3年以内
・研究費上限額:5千万円/年間
(2)現場実証支援型研究
地域に由来する技術シーズの活用による地域の多様化の強化、農商工連携等を通じた地域の活性化に資するものとして提案を求めるもの
・研究実施期間:原則3年以内
・研究費上限額:3千万円/年間
●応募要件
(1)応募できる研究機関等
「研究領域設定型研究」、「現場実証支援型研究」及び「緊急対応型調査研究」については、下記のⅠ~Ⅳのセクターのうち、2以上のセクターの研究機関等から構成される共同研究グループでの応募が必須となります。
Ⅰ.都道府県、市町村、公立試験研究機関及び地方独立行政法人
Ⅱ.大学及び大学共同利用機関
Ⅲ.独立行政法人、特殊法人及び認可法人
Ⅳ.民間企業、公益法人、NPO法人、協同組合及び農林漁業者
(2)中核機関及び研究統括者
研究課題の応募を行おうとする協同研究グループは、研究推進の中心となる中核機関(中核機関は、法人格を有していることが前提です)を選定するとともに、中核機関の研究者から、研究課題の実施に責任を有する研究統括者を選定し配置する必要があります。

※申請される場合は府省共通研究開発管理システム(e-Rad)http://www.e-rad.go.jp/index.htmlを利用して応募してください。尚、研究支援センターの最終承認が必要となりますのでその時間も十分に考慮し作成願います。パソコントラブル等により締切時間を過ぎ申請できなかった例もありますので余裕を持って申請手続きをお願い致します。また、申請致しましたら医学部研究振興係までご報告の上、提出書類一式をご送付願います。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成22年2月8日(月)
【募集団体】農林水産省
【応募資格等】上記参照
【備 考】その他詳細は下記ホームページをご参照ください。