医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成24年度 共同利用研究の募集【自然科学研究機構】2011:11:28:09:56:33
11.11.28
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●公募事項
(1) 重点共同利用研究
(2) モデル生物・技術開発共同利用研究
(3) 個別共同利用研究
(4) 研究会
(5) 大型スペクトログラフ共同利用実験
(6) DSLM共同利用実験
(7) 次世代DNAシーケンサー共同利用実験
(8) 施設利用 トレーニングコース実習室
※上記の各事項はいずれも平成24年4月~平成25年3月の期間とします。
●計算科学研究センターの利用について
電子計算機を利用される場合は、「平成23年度自然科学研究機構岡崎共通研究施設計算科学研究センターの利用について(通知)(https://ccportal.ims.ac.jp/)」をご参照ください。
●申込資格
大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認める者。
●所要経費
予算の範囲内において基礎生物学研究所で支出します。(経費は、基礎生物学研究所で使用していただきます。)
●旅費の支給
予算の範囲内において自然科学研究機構役職員旅費支給規程により支給します。なお、共同利用研究者(指導教員)に帯同又は指導教員の指示の下に来所する学部学生の旅費も支払い可能です。
※学部学生に旅費を支給する際は、「自然科学研究機構基礎生物学研究所における共同利用研究に参加する学部学生の取り扱いについて」により事前手続きを行ってください。ただし、施設利用については支給しません。なお、大学院生及び学部学生については、財団法人日本国際教育支援協会の学生教育研究災害傷害保険(付帯賠償責任保険を含む。)又はこれと同等以上の保険に加入していることが条件となります。
●放射線業務従事認定申請書の提出
各共同利用研究、共同利用実験において、本研究所でラジオアイソトープを使用される場合は、採択後、放射線業務従事者登録手続きが必要となります。
●組換えDNA実験計画書の提出
各共同利用研究、共同利用実験において、組換えDNA実験を伴う場合は、所内関連研究部門から実験計画書を提出していただくことになります。
●動物実験計画書の提出
各共同利用研究、共同利用実験において、動物実験を伴う場合は、実験計画書を提出していただくことになります。
●ヒトゲノム・遺伝子解析研究
各共同利用研究・共同利用実験において、本研究所で「ヒトゲノム・遺伝子解析研究」を伴う場合は、採択後、岡崎3機関生命倫理審査委員会の審査が必要となります。

*申請方法*
申請される場合は、下記ホームページより申請書類をダウンロード、作成の上、医学部事務室研究振興係までご提出ください。尚、所属長の承認は学部長となり、こちらで押印処理を行いますのでお早めにご提出ください。

【助成額等】要項参照
【学内締切】平成23年12月2日(金)
【募集団体】自然科学研究機構 基礎生物学研究所
【応募資格等】大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認める者。
【備 考】その他詳細は下記ホームページをご参照ください。