医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    2016年度共同研究・研究会の募集【大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所】 2015:11:16:10:57:34
15.11.16
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所(以下、遺伝研)は、遺伝学の基礎とその応用に関する総合的研究を行い、学術研究の発展に資することを目的として設置された大学共同利用機関です。全国の研究者に共同利用の機会を提供するため、研究所の研究教育職員と研究所以外の研究者による「共同研究」及び「研究会」を実施しています。(「共同研究」の成果を論文に発表する場合は、謝辞の記載をお願いしています。)

共同研究について
「共同研究」とは、所外の研究者からの申込みに基づき、遺伝研内外の研究者数名により、特定の研究課題について共同して行う研究です。 次の3種類に分けて毎年度募集を行っています(詳しくは募集要項を参照)。

●共同研究A1: 国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費を支給(1件あたりの申請額は20万円を上限とする)。
●共同研究A2:国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費を支給(1件あたりの申請額は共同研究(A1)の上限(20万円)を超える申請額で50万円を上限とする)。
●共同研究B:国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費及び研究費(原則として所内で使用する消耗品費)を支給。1件あたりの申請額は、旅費と研究費の合計で100万円を上限とする。所外共同研究者全体の延べ来所日数の合計が年間7日以上となるように計画・実施するものとする。

◆申請者
原則として国内の大学、大学共同利用機関、独立行政法人の研究期間等に所属する研究者

申請される場合は、申請書類を下記ホームページよりダウンロード、作成の上、医学部事務室研究振興係までご提出してください。

【助成額等】
【学内締切】平成28年1月5日
【募集団体】大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
【応募資格等】上記参照
【備 考】