医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    研究助成プログラム「産業基盤の創生」の募集(第8回募集)について【一般財団法人キャノン財団】2016:06:10:10:02:42
16.06.10
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●研究助成プログラム「産業基盤の創生」の趣旨
キャノン財団の「産業基盤の創生プログラム」では「新しい科学的知識の獲得、新しい技術の創出によって、イノベーションを惹起し、社会・経済の発展に寄与するような研究」に対して助成を行います。

●助成対象の研究分野
日本の強い産業をさらに強化する、あるいは新たな産業を興すことによって経済発展を促すような科学技術分野にあって、独創的、先駆的、萌芽的な研究を対象とします。
分野としては、将来社会において重要になることが想定されるICT・エレクトロニクス・ロボティクス、健康・医療・生命科学、バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、材料・デバイス・プロセス、サービスサイエンスです。
また、社会的に複雑で難しい課題を解決するために、分野間の知的な触発や融合を図る挑戦的な振興・融合テーマなども対象として含めます。

●応募条件
①研究代表者は、国内の大学及び大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、その他公的研究機関の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方です。
助成期間中に日本国内に居住している方が対象になりますが、国籍は問いません。
②研究代表者が勤務する大学・研究機関などの所属機関の上長(例えば、学長、大学院研究科長、学部長、研究所長など)から、「キャノン財団研究助成申込書(申請者用)」に承認印(公印)を押印していただいてください。
③共同研究者は国内外を問いませんが、研究者代表は責任を持って共同研究者の研究の進捗や、海外への送金・使途など研究費を管理して下さい。研究代表者が他の応募案件の共同研究者となることは問題ありません。また、大学院生・学生は共同研究者にはなれません。
④研究代表者がすでに他の機関から助成を受けている研究は助成対象にならない場合があります。。また、研究代表者は当財団に同一年度に複数の申請をすること、および当財団からすでに助成を受けている場合は助成期間が重複した申請をすることはできません。

●助成金額
1件当たりの助成申込金額は1,500万円を上限として、全体で10数件程度を予定しています。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年6月20日
【募集団体】一般財団法人キャノン財団
【応募資格等】上記参照
【備 考】