医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    2016年度「健康科学・予防医学研究助成」公募について【山田養蜂場 みつばち研究助成基金】2016:06:27:09:08:47
16.06.27
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

1)予防医学研究助成
超高齢社会を迎え、今後、要介護者の増加が見込まれる中、心身共に健康で若々しく活力にあふれた高齢者が自立した生活を送れる社会を実現するため、「健康寿命の延伸」の実現に向けた心身の健康美に関する研究を応援します。

ⅰ)「健康寿命を延ばすこと」の実現に向けた心身の健康と美容に関する研究
「健康寿命延伸」の実現に向け、体の健康(健脳、健腸、QOL改善等)に加え、心の健康、見た目の健康(美容)など、心身の健康美に関する研究テーマを募集します。
皮膚科学においては、特に、①肌のバリア機能・荒れ肌改善、リフトアップ(V字型輪郭)効果に関する研究、②ホルモンバランスの乱れにより皮膚老化が見られる更年期向けの化粧品素材の研究を募集します。
・対象者:大学や研究機関、医療機関等に所属し、研究活動を行う研究者。年齢制限なし
・助成金額:①細胞レベル、動物レベルの場合 100万円/年
     ②臨床試験の場合 200万円/年
・助成研究機関:1~2年間

ⅱ)新たなサプリメントの開発と効果的な活用に関する研究
サプリメントの摂取タイミング(時間栄養学)、成分の体内動態(ADME)に関する研究、製剤研究(消化吸収率向上技術)、複数素材の併用などサプリメントを安全かつ効果的に活用できる研究テーマを募集します。
・対象者:大学や研究機関、医療機関等に所属し、研究活動を行う研究者。年齢制限なし
・助成金額:①細胞レベル、動物レベルの場合 100万円/年
     ②臨床試験の場合 200万円/年
・助成研究機関:1~2年間

ⅲ)継続発展研究
これまでの採択テーマの発展研究を支援します。
・対象者:本基金採択歴のある研究者
・助成金額:①細胞レベル、動物レベルの場合 200万円/年
     ②臨床試験の場合 500万円/年
・助成期間:1~2年間


2)養蜂研究助成
養蜂業の発展に貢献する研究、蜜原の維持・回復につながる保護研究、ミツバチサイエンス、養蜂技術開発などを支援します。本年度は特に、ミツバチに深刻な被害を及ぼすミツバチ寄生ダニに関する研究を募集します。
・対象者:大学や研究機関、医療機関等に所属し、研究活動を行う研究者、もしくは環境保護養蜂関係者。年齢制限なし
・助成金額:100万円/年
・助成研究機関:1年間

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年7月4日
【募集団体】山田養蜂場 みつばち研究助成基金
【応募資格等】上記参照
【備 考】