医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    海外留学助成の募集について【公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団】2016:07:11:08:23:00
16.07.11
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●対象分野
①呼吸器・アレルギー領域(腫瘍性疾患を除く)
②生活習慣病領域(循環器分野、糖尿病分野)


①呼吸器・アレルギー領域
●募集人数
3名程度

●助成期間
原則として2年間(ただし1年間でも可)

●助成金額
300万円/名/件

●応募資格
1.一定の研究業績を有する有能な日本在住の研究者
2.留学後は日本に帰国し日本の学術振興に寄与する者
3.2016年4月1日現在、年齢が満40歳未満の者
4.日本呼吸器学会または日本アレルギー学会の会員であり、学会の年次学術集会において筆頭発表者として発表実績があること
5.原則として、2017年4月1日~2018年3月31日の間に留学を開始し、外国において1年以上の研究留学が可能なこと(2017年1月~3月に留学を開始する場合は応募の可否について問い合わせのこと)
6.研究留学の経験がないこと
7.所属する部門あるいは教室の責任者の推薦があり、所属施設の責任者の内諾を得ていること(所属施設の責任者:総合大学学部においては学部長、研究所においては研究所長、単科大学においては学長、その他研究機関、病院においては施設長とする)
8.留学先は大学、教育機関等の研究施設であり、受入期間及び研究内容を含めて留学先より承諾を得ていること(英語圏以外の留学先の承諾書には日本語訳をつけること)
9.留学中の年間収入が600万円(日本円換算)を超えていないこと
10.留学に際して他の奨学金を重複して受けていないこと


②生活習慣病領域(循環器分野、糖尿病分野)
●募集人数
6名程度

●助成期間
1年間

●助成金額
400万円/名 

●応募資格
1.一定の研究業績を有する有能な日本在住の研究者
2.留学後は日本に帰国し日本の学術振興に寄与する者
3.2016年4月1日現在、年齢が満40歳未満の者
4.循環器分野への応募の場合は、日本循環器学会会員であり、日本循環器学会年次学術集会において筆頭発表者として発表実績があること
5.糖尿病分野への応募の場合は、日本糖尿病学会会員であり、日本糖尿病学会年次学術集会において筆頭発表者として発表実績があること
6.原則として、2017年4月1日~2018年3月31日の間に留学を開始し、外国において1年以上の研究留学が可能なこと(2017年1月~3月に留学を開始する場合は応募の可否について問い合わせのこと)
7.研究留学の経験がないこと
8.所属する部門あるいは教室の責任者の推薦があること
 (責任者が同年度に推薦できるのは1名のみとする)
9.所属施設の責任者の内諾を得ていること
 (所属施設の責任者:総合大学学部においては学部長、研究所においては研究所長、単科大学においては学長、その他研究機関、病院においては施設長とする)
10.留学先は大学、教育機関等の研究施設であり、受入期間及び研究内容を含めて留学先より承諾を得ていること(英語圏以外の留学先の承諾書には日本語訳をつけること)
11.留学中の年間収入が600万円(日本円換算)を超えていないこと
12.留学に際して他の奨学金を重複して受けていないこと

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年9月1日
【募集団体】公益財団法人 万有生命科学振興国際財団
【応募資格等】上記参照
【備 考】