医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成29年度研究助成募集について【一般財団法人 ニッポンハム食の未来財団】2016:07:27:09:20:07
16.07.27
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●目的
この助成は、食物アレルギーに関連する知見獲得、問題解決を目指す研究者及び研究グループに対して研究助成金を交付し、研究開発の推進を通して、食物アレルギーに関わる環境改善に寄与することを目的とします。

●助成期間
平成29年4月1日から平成30年3月31日(1年間)

●対象研究領域
本助成の目的を達成するため、以下の対象領域を設定する。
①食物アレルギー対応食品に関する研究
②食物アレルギーの予防に関する研究
③食物アレルギーの診断・治療に関する研究
④食物アレルギーに関する工場内等での衛生管理に関する研究
⑤食物アレルギーに関するその他研究
上記領域は全て重要ですが、特に「①食物アレルギー対応食品に関する研究」や「②食物アレルギーの予防に関する研究」の応募を歓迎いたします。

●助成区分及び助成件数等
研究助成は(A)「共同研究助成」及び(B)「個人研究助成」の2種類に分類され、助成金総額は6,000万円とします。
(A)と(B)では、申請書の様式が異なりますのでご注意ください。

(A)「共同研究助成」
 専門領域を異にする複数の研究者(※)が、同一テーマに関し、広範に共同研究する場合を対象にします。この場合、代表研究者のほかに分担経費が100万円(税込)を越える共同研究者が一人以上加わることが必要です。また、個人助成申請者を共同研究者として申請することはできません。なお、1件あたり200万円から600万円(税込)まで、5件(予定)とします。
※同一機関(大学等)の同一部署(学部等)に所属する者を共同研究者に指名することはできません。
なお、異分野、他機関との積極的な交流を期待しています。研究体制に食品科学の研究者が入り、医学、薬学、保健、栄養等、異分野かつ他機関が参加していることを歓迎いたします。

(B)「個人研究助成」
若手研究者(平成28年4月1日時点で45歳以下)による単独研究を対象とし、1件あたり200万円(税込)まで、15件(予定)とします。
なお、提案内容等が適切であれば、新たに「食物アレルギー」に取り組む研究者も積極的に支援したいと考えています。

●応募資格
国公私立大学、公的研究機関、民間研究機関(企業含む)において、食物アレルギー関係領域の研究開発を行おうとする研究者及び研究グループ。前年度、前々年度の採択者の応募も可能です。なお、前年度の採択者が同一課題について申請を行う場合は、申請書の「継続の必要性」の欄も必ず記載ください。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年9月23日
【募集団体】一般財団法人 ニッポンハム食の未来財団
【応募資格等】上記参照
【備 考】