医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成28年度(第25回)「医科器械史研究賞」および「青木賞」受賞候補者の募集について【一般財団法人 日本医科器械資料保存協会】2016:09:05:08:03:09
16.09.05
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●本賞の意義
本協会は歴史的意義を有する医科器械を収集し、これを医科器械の開発・改良の研究資料として保存し、医科器械に関する科学技術の進歩に貢献することを目的として、日本医科器械学会〈現:一般社団法人 日本医療機器学会〉が昭和59年に設立した財団であります。「医科器械史研究賞」は医科器械史の研究を奨励するために、平成4年から本協会の事業の一つとして、優れた研究者に贈呈してきました。また本協会の設立に大いに寄与された青木利三郎史を記念して設けられた「青木賞」が、平成9年から優れた研究者に奨励賞として贈られています。

●応募資格
すでに顕著な業績を収めた医科器械(ただし、理化学器械、薬科学器械、歯科学器械に関する研究は除く)に関する研究者で別記の推薦者(団体)から推薦された者、および自薦者。

●「医科器械史研究賞」
本賞は賞状とし、副賞として賞金を贈呈します。なお、賞金の総額は100万円が計上されています。「医科器械史研究賞」選考委員会が推薦した候補者の中から受賞者を本協会理事会で決定し、賞金額を決定します。

●「青木賞」
上記の応募者の中から将来が期待される研究と認められた研究者に対して、奨励賞として賞状と副賞が贈られます。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年10月21日
【募集団体】一般財団法人 日本医科器械資料保存協会
【応募資格等】上記参照
【備 考】