医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成29年度「乳の学術連合」学術研究公募について【一般社団法人Jミルク】2016:10:31:14:44:11
16.10.31
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】


①「牛乳乳製品健康科学」
「牛乳乳製品の価値向上につながる医学・栄養学・食品科学・体育学等の分野の課題」に係る学術研究
●募集テーマ・内容
(1)特定研究:最近の社会的課題や研究ニーズに対応したテーマに関する研究
①スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義に関する研究
②牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究
③牛乳乳製品とメンタルヘルスに関する研究
(2)一般研究:当該研究領域に関する幅広い視点や新規性のある研究
④各ライフステージにおける健康と牛乳乳製品

●応募資格
国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者とする。

●委託研究期間
原則として1年を超えないものとする。
但し、研究の内容によっては、最長3年間とするが、1年以上の期間の研究を申請する場合は、全期間にわたる研究計画・支出計画を申請書に明確に記すこと。
なお、年度ごとに中間報告をおこない、成果が認められない場合は、研究委託を中止する場合がある。

●委託研究費
年間1件あたり原則として150万円(消費税込)以内とする。なお、複数年祖の研究においては、研究年度×年間委託研究費を上限額とする。


②「乳の社会文化」
●募集テーマ・内容
(1)特定研究
①牛乳乳製品のマーケティング
②牛乳乳製品の食生活への受容
③次世代酪農の可能性
(2)一般研究
④乳および酪農乳業に関する社会的文化的視点からの研究

●応募資格
国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、もしくは特定の機関等に属さない個人研究者とする。

●委託研究期間
同一研究計画に対する委託期間は、原則として1年を超えないものとし、委託研究契約書に明記する。ただし、やむを得ぬ事情により研究の継続が必要な場合には、審査委員会の審査を経て、研究の継続を認めることが出来る。

●委託研究費
年間1件あたり原則として70万円(消費税込)以内とする。ただし、海外渡航調査名と多額な費用が含まれる場合、100万円(消費税込)以内とする。


③「食と教育」
●募集テーマ・内容
(1)特定研究
①自然科学的な要素を取り入れた教育プログラムに関する研究
②社会科学的な要素を取り入れた教育プログラムに関する研究
③「乳」に係る生産・製造・流通等の体験学習を軸にした教育活動研究
④「乳」ならではの教育的価値の解明とその教育効果についての研究
(2)一般研究
⑤「乳」に関する教育的視点からの研究
尚、全てのテーマは乳に係る研究であり、「乳」とは、「食品としての牛乳乳製品やそれを生産流通する産業としての酪農や乳業など」である。また、「教育」とは、学校教育、家庭教育、社会教育などである。

●応募資格
国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者とする。

●委託研究期間
同一調査・研究課題に対する委託期間は、原則として1年を超えないものとする。ただし、研究テーマによって複数年の研究が必要な場合は、その限りではない。その場合、申請書に全体の研究計画の概要の他、各年の研究計画の概要が分かるよう記載すること。また、研究の成果により、さらに研究の継続が必要な場合には、審査委員会の審査を経て、研究の継続を認めることが出来る。
なお、具体的な委託研究期間は、委託研究規約書に明記することとする。

●委託研究費
年間1件あたり原則として70万円(消費税込)以内とする。ただし、海外渡航調査名と多額な費用が含まれる場合、100万円(消費税込)以内とする。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年12月19日
【募集団体】一般社団法人Jミルク
【応募資格等】上記参照
【備 考】