医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    パブリックヘルス科学研究助成金【公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター】2016:11:09:12:53:57
16.11.09
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●本助成事業の趣旨
当財団は公益財団法人制度改革により、2013年から「公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター」となりました。近年の科学技術の進歩にともなって、医学・医療は目覚ましい発展を遂げています。病気の原因の解明や治療ほうの開発等は遺伝子レベルの研究の発展により、予防医学の新しい時代を迎えています。
当財団は、1984年の創立以来、ストレス科学の視点から疾病予防を目指し、"こころ"を重視した健康・医療を確立するために研究を推進してきました。1985年ストレス科学研究所を設置、1991年には基礎研究のみではストレス科学の進歩はあり得ないとの考えにもとづき、附属健康推進センターを開設しました。また、2004年には生命医科学研究とその支援を行うため、先端生命医科学研究所を創設し、次世代の健康に関する研究や医療におけるQOLの向上を尊重した治療法の検証を行う、臨床研究及び研究支援を推進しています。
本事業は、ストレス科学、生命医科学研究分野の学術の進行をめざし、若手研究者への研究助成を目的として2003年度よりはじまりました。

●応募資格
下記の全てに該当する方が応募することが出来ます。
(1)ストレス科学研究、または生命医科学研究を行っている者
(2)国内の非営利の研究機関に在籍している研究者、または博士後期課程(それに準ずる課程も含む)に在籍している学生
(3)申請時において40歳以下である者
(4)所属する部署の長等の推薦を受けている者
(5)2016年度本助成金の助成対象者でない者

●公募する研究のテーマ
ストレス科学研究、および生命医科学研究の分野について、毎年度公募テーマを決めて募集します。2017年度の募集テーマ、およびキーワードは下記の通りです。
ストレス科学研究「ストレスマネジメント」
キーワード「就労支援」「身体活動」「格差社会」「グローバル化」「対処」

生命医科学研究「老化と長寿」
キーワード「認知機能」「エイジング」「ライフサイクル」

●助成金額
1件当たり100万円を上限
各年度、最大で10件を上限として助成します。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成28年12月2日
【募集団体】公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター
【応募資格等】上記参照
【備 考】