医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成29年度研究助成の募集【公益財団法人 三菱財団】2016:12:19:07:57:08
16.12.19
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

●募集項目
①第48回自然科学研究助成
②第46回人文科学研究助成
③第48回社会福祉事業並びに研究助成


①第48回自然科学研究助成
●助成の趣旨
近年の自然科学の進歩はめざましく、各学問分野の研究の深化はもとより分野間の相互作用により、次々に新たな研究領域が誕生しつつあります。このような状況のもとで本事業では、自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援します。
さらに、既成の概念にとらわれず、新しい発想で複数の領域にまたがる研究に対しても大きな期待を寄せ、助成します。
●応募資格
・原則として、一つのテーマとして独立した個人研究(ただし少数グループによる研究も含む)を対象と致します。完全公募制であり各研究者は自由に応募頂けますが、当該代表研究者が日本国内に居住し、国内に継続的な研究拠点を有する場合(国籍等は不問)に限られます。
・営利企業等関係者は対象外となります。
・代表研究者及び協同研究社は、本財団の同一年度の助成に複数応募することはできません。従って、代表研究者が(他分野も含め)他の応募案件の協同研究者を兼務したり、協同研究者が他の応募案件の協同研究者を兼務することも出来ません。なお、複数応募が判明した場合は、応募を取り下げていただくことがございます。
●助成金額
総額2億8千万円を予定、1件当たり2千万円以内とし、採択予定件数は45件程度を目途と致します。


②第46回人文科学研究助成
●助成の趣旨
21世紀に入り、成長社会から成熟社会へと移行する中で、教養教育の重要性が指摘され、「心の豊かさの醸成」がより求められる時代を迎えています。
本財団では、学術研究助成の一環として、人文社会系領域での基礎的かつ着実な実証研究を支援します。
●研究分野
人文学分野、及びそれに関連する分野からなる、人文社会系研究全般を対象とします。
●応募資格
・原則として、一つのテーマとして独立した個人研究(ただし少数グループによる研究も含む)を対象と致します。完全公募制であり各研究者は自由に応募頂けますが、当該代表研究者が日本国内に居住し、国内に継続的な研究拠点を有する場合(国籍等は不問)に限られます。
・営利企業等関係者は対象外となります。
・代表研究者及び協同研究社は、本財団の同一年度の助成に複数応募することはできません。従って、代表研究者が(他分野も含め)他の応募案件の協同研究者を兼務したり、協同研究者が他の応募案件の協同研究者を兼務することも出来ません。なお、複数応募が判明した場合は、応募を取り下げていただくことがございます。
●助成金額
総額約5千8百万円を予定。採択予定件数は30件程度を目途と致します。


③第48回社会福祉事業並びに研究助成
●事業・研究の内容
・現行制度上、公の援助を受け難い開拓的ないし実験的な社会福祉を目的とする民間の事業(原則として法人に限る)。
・開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究(個人・法人いずれも可)。
・本財団では、関係当事者がプロジェクトチームを形成し、同一の社会課題に対し、より多角的に、ダイナミックに挑戦する提案型の応募も期待します。
この場合、助成金額、期間等については、より柔軟に対応します。今回が初回のため、電話、メールのほか事前相談(予約制)もお受けいたします。
●申込者の資格一般
・日本国内において事業ないし研究の継続的拠点を有するもの(国籍等は不問)。
・営利目的の企業等並びにその関係者は対象外。
・代表研究者及び協同研究者は、本財団の同一年度の助成に複数応募することはできません。従って、代表研究者が(他分野も含め)他の応募案件の協同研究者を兼務したり、協同研究者が他の応募案件の協同研究者を兼務することも出来ません。
なお、複数応募が判明した場合は、応募を取り下げていただくことがございます。
●助成金額
総額約8千200万円を予定。1件宛の金額は特に定めない。

【助成額等】上記参照
【学内締切】①平成29年1月30日(月) ②平成29年1月17日(火) ③平成29年1月6日(金)
【募集団体】公益財団法人 三菱財団
【応募資格等】上記参照
【備 考】