医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 公募情報(詳細)
公募情報
    平成30年度共同研究課題募集【京都大学ウィルス・再生医科学研究所】2017:12:21:10:44:26
17.12.21
    カテゴリ:各種助成団体・企業からの公募
【公募概要】

①再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点
再生医科学研究所とウイルス研究所は、これまでの実績に基づいた研究の発展とともに新学術領域の創生のために、平成28年10月に統合新研究所「ウイルス・再生医科学研究所」として発足しました。平成20年10月に認定された「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」事業は、平成28年度に更新の認定を受け統合新研究所においても引き続き平成33年度まで継続されることが内定しております。

●公募テーマ
「再生医科学に関する広いテーマで募集します。~組織形成・再生を中心として~」

●応募資格
平成30年4月1日の時点で、大学・研究機関の研究者またはこれに相当する方。申請者以外の研究者として、大学院生を含めることができます。

●研究期間
平成30年4月1日より、平成31年3月31日までの1年間


②ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点
再生医科学研究所とウイルス研究所は、これまでの実績に基づいた研究の発展とともに新学術領域の創生のために、平成28年10月に統合新研究所「ウイルス・再生医科学研究所」として発足しました。平成21年6月に認定された「先端融合的共同研究拠点」事業は、平成28年度に更新の認定を受け統合新研究所においても引き続き平成33年度まで継続されることが内定しております。
●公募テーマ
①霊長類P3感染実験
48頭のサルを収容できるP3レベルの感染実験施設において、採択課題に応じた感染実験研究を行う。当研究所の共同研究者等が、事前の詳細な研究打ち合わせを行う。
②マウスP3感染実験
約100ケージのマウスを収容できるP3レベルの感染実験施設において、採択課題に応じた感染実験研究を行う。当研究所の共同研究者等が、事前の詳細な研究打ち合わせを行う。
③遺伝子・細胞レベルのウイルス・生命科学研究
本研究所の各研究部門、附属研究施設等では、それぞれ研究課題をもって最先端のウイルス・生命科学研究を行っている。この研究課題への参加者を公募し共同研究を行う。

●応募資格
平成30年4月1日の時点で、大学・研究機関の研究者またはこれに相当する方。日本国内の研究者については、科研費の応募資格がある方。
なお、申請者以外の研究者として、大学院生を含めることができます。

●研究期間
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間
なお、研究内容によっては、次年度への継続申請にも配慮いたします。

【助成額等】上記参照
【学内締切】平成30年1月5日
【募集団体】京都大学ウィルス・再生医科学研究所
【応募資格等】上記参照
【備 考】