医学部事務室 総務課 研究振興係
科研に関する問い合せ(内線8118)
他の研究等の問い合せ(内線8017)
e-mail:m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp
TOP > 研究振興係からのお知らせ(詳細)
研究振興係からのお知らせ
    【令和4年度(2022年度)採用分特別研究員(PD、RPD)、海外特別研究員及び海外特別研究員(RRA)の募集について【独立行政法人日本学術振興会】 】2021:02:19:07:51:43
21.02.19

【募集項目】
①令和4年度年度(2022年度)採用分 特別研究員(PD)
②令和4年度年度(2022年度)採用分 特別研究員(RPD)
③令和4年度年度(2022年度)採用分 海外特別研究員、海外特別研究員(RRA)


①令和4年度年度(2022年度)採用分 特別研究員(PD)
●対象分野
人文学、社会科学及び自然科学の全分野
●申請資格
以下の申請資格を満たしている必要あり。また、特別研究員に採用されたことがある者は「5.特別研究員採用経験者の申請資格」も満たす必要あり。
〇学位取得
2022年4月1日現在、博士の学位を取得後5年未満の者(2017年4月2日以降に学位を取得した者。申請時においては、見込みでも良い。)
〇受入研究機関等の選定
【条件】受入研究機関については、大学院博士課程在学当時の所属大学等研究機関以外の研究機関を選定すること。なお、研究機関移動後の受入研究者については、出身研究機関の学籍上の研究指導者を選定することはできません。
〇国籍
申請時に、日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人。


②令和4年度年度(2022年度)採用分 特別研究員(RPD)
●対象分野
人文学、社会科学及び自然科学の全分野
●申請資格
次の全てを満たす者。また、特別研究員に採用されたことがある者)は、「5.令和3年度(2021年度)特別研究員-RPD 採用内定者の申請資格」、「6.特別研究員採用経験者の申請資格」も満たす必要あり
〇2022年4月1日現在、博士の学位を取得している者
 (申請時においては、見込みでも良い。)。
〇次のいずれかに該当する者。
・2021年4月1日時点で未就学児を養育しており、その子の出産・育児のため、2014年10月1日から2021年3月31日の間に3ヶ月以上研究活動を中断した者。
・出産又は疾病や障害のある子を養育したため、2016年4月1日から2021年3月31日の間に、3ヶ月以上研究活動を中断した者。
〇申請時に、日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人。


③令和4年度年度(2022年度)採用分 海外特別研究員、海外特別研究員(RRA)
●対象分野
人文学、社会科学及び自然科学の全分野
●申請資格
次の要件を全て満たしている者であること。なお、採用時においてもこの申請要件を全て満たしている必要があります。
〇身分
我が国の大学等学術研究機関に所属する研究者、又は、当該常勤研究者を志望する者。
〇学位
2022年4月1日現在、博士の学位を取得後10年未満の者(2012年4月2日以降に学位を取得した者。申請時においては、見込みでも良い。)
〇職歴
2022年4月1日現在、大学等研究機関の任期の定めのない常勤研究職の職歴が過去通算して5年未満の者
〇国籍
申請時において、日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人。
〇その他
日本学術振興会海外特別研究員に採用されたことのある者は申請不可。

※RRAのみ
〇研究中断状況
以下のいずれかによる研究中断等の期間が通算90日以上ある者(年齢及び性別は問わない)
(1)申請者本人又は配偶者の出産又は育児
(2)家族の看護
(3)家族の介護
(4)結婚に伴う転居による辞職(辞職時の職が常勤職に限る)


詳細は日本学術振興会のホームページでご確認ください。

【医学部提出期限】<期日厳守>
・特別研究員(PD)      2021年5月14日(金)17:00
・特別研究員(RPD)     2021年4月15日(木)17:00
・海外特別研究員 及び
 海外特別研究員(RRD)  2021年4月12日(月)17:00


【本件担当・提出先】 
医学部事務室研究振興係 ・ 内線8017
E-mail :m-kenkyu@kitasato-u.ac.jp