新着情報

医学部節電対策の基本方針について学内向け

                                  平成23年6月14日
教職員各位

                                医学部長 和泉  徹

            医学部節電対策の基本方針について

 3月11日に発生した東日本大震災と福島原子力発電所の事故により、今夏、
大幅な電力不足が予測され、全国規模での節電が焦眉の急となっています。
本学部ではこれを機に、省エネルギーへの取り組みに一層努めるとともに、次
の対策を実施します。教職員・学生を始めとする関係者の皆様には大変ご不
便をおかけしますが、諸事情をご理解の上、特段のご協力をお願いいたします。
 
■ 重点目標:前年最大使用電力(ピーク電力)の15%(224kW)を削減
■ 重点期間:7月1日から9月30日まで(3カ月間)【平日ピーク13時~16時】
■ 主な節電対策:
1. 研究室、事務室、図書館、居室、ロビー、廊下、階段等の間引き照明・消灯
2. 講義室等のLED化推進
3. エレベータの使用制限
4. エアコンの停止・設定温度28℃の励行(ピーク時の集談室の使用制限)
5. コピー機の使用減・一部停止、PCの省エネ対応、プリンターの使用減
6. 窓の開放による外気導入(事務室、講義室)、講義室等への遮熱フィルム張
7. フリーザーの集約・温度設定の変更、冷蔵庫の使用減、低温室の一部停止
8. 自動販売機の休止(学生ラウンジ除く)
9. ウォッシュレット・便座保温の停止
10.湯沸し保温ポット・電子レンジの使用減・使用停止
11.他学部との連携、情報交換 医療衛生学部、理学部、看護学部等
12.定時間内での業務執行、必要に応じてサマータイム制の導入
13.節電チェックのための巡回強化
14.前日の電気使用量の「見える化」促進(医学部HPに掲出予定)
15.服装(クールビズ)の更なる工夫、団扇、扇子等による暑さ対策の励行
16.電力ピーク時の更なる対応:エレベータの全面停止、冷房停止、消灯等
17.前期試験日程の調整・試験時間割の工夫
 
☆別紙「電力供給余力と節電策の目安」を参照し、節電に積極的に取組ん
で下さい。
 
■ 付記事項:
全国的な電力受給の悪化(東電の電力予測)によっては、緊急措置として
業務(出勤)を停止し、閉校する。
■ 問い合わせ先:
本件についてのご意見・ご相談、アイディア等は、以下にお寄せ願います。
【医学部事務室庶務係 内線8704】

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 倫理委員会
  • 医学図書館
  • 北里医学会
  • 北里臨床研究センター
  • 研究振興情報
  • 認証評価(準備中)
  • 教職員・学生の方へ
  • 医学部事務室