概要

北里大学医学部・病院倫理委員会(規程前文より)

医療は、人びとの人間的出来事としての心身の悩みに対して、それを回復させる専門的な知識と技術をもっていると期待される医療従事者が、その悩みを当事者とともに癒していく営為である。従って医療は、科学的行為であるとともに、病者と医療従事者との相互関係を前提とする倫理的行為である。また医療の基盤となる医学研究も優れて倫理的な課題を内包している。

いずれの場合も、そこにいわゆる「医の倫理」は、医を外から拘束するものというよりはむしろ、医そのものに理念として本来的に内在されている課題であるとわれわれは理解するがそれは何よりも生命の畏敬を本旨とし個人の尊厳を支柱とするものでなければならない。

北里大学医学部、北里大学病院、北里大学東病院とは、上述のような問題意識のもとに医学研究・診療の両領域における倫理を確保しそれを貫徹するため、倫理委員会を設置し、その理念を追及するとともに実践への方策を探求しようとするものである。

ところで、上述の課題の遂行の担い手は次のように一義的でない。

第一に、何よりもそれは医療従事者自身により医療そのもののあり方として追及されねばならない。すなわち医にかかわるプロフェッションは、個人としても、集団としても、また治療の現場においても医学の基礎的研究においても、厳正に自己規律し、かつ相互批判を徹底することが要請される。

第二に、医療は病者の悩みに応えるべく社会から信託された責務である。近時の医学・医術の急速な進歩とともに、疾病構造の変化により、医療は多くの人びとのいのちに長く深くかかわり、社会のすみずみまで浸透する一方、それは医療を必要とする人びとの多様な考え方や価値観等と日常的に応接せざるを得なくなった。従って、診療方法の導入に際してもまた医療の各段階の判断と実践においても、医療従事者の専門性のみに閉じこもることなく、人びとの考え方や社会の通念に常に立ち返り、それとフイードバックする必要が拡大している。

われわれの倫理委員会が三つの委員会の複合体であり、また各委員会の構成や運営にも多少の特異性があるとすれば、それは上述の双面性に応え、時としてそこにひそむ矛盾をも活力に転化して、めざす目標の達成に一歩でも近づこうとするためである。

about_img.jpg