学部長の元気対談

鍋島陽一(先端医療振興財団先端医療センター長、京都大学名誉教授)

略歴:

新潟大学医学部を卒業後、国立精神神経センター(小平市)神経研究所遺伝子工学研究部長時代に、klotho遺伝子を発見・同定された。「Klothoによって紡がれた生命の糸を解きほぐした」功績により、紫綬褒章受章(2010年11月)。日本学術会議会員。

場所・日時:
小田急ホテルセンチュリー相模大野、2011.11.19

講演タイトル:Klotho family, hFGFの生理機能と生体恒常性維持機構
講演要旨Klotho遺伝子の発見:食塩感受性高血圧(NHE1過剰発現)マウス作製過程で、挿入された部位の遺伝子が破壊された事による、興味深い挿入突然変異マウス(ヒトの老化に似た表現型を持つマウス)が見つかった。外来遺伝子は第5染色体に挿入されており、挿入領域の遺伝子を分離し、得られた遺伝子をklothoと名づけた1) 。Klothoとはヒトの運命を司る3人のギリシャ神話の女神の一人で、生命の誕生に立会い、生命を紡ぐ女神の一人である(写真右)。Klothoは赤い服装の女神です。
    1) Kuro-o M, --, & Nabeshima Y. Nature 390: 45-51, 1997
Na+, K+ ATPase2)との機能協関: α-Klothoは、上皮小体・脈絡叢・腎臓の細胞内・細胞膜上に発現している。細胞内液・外液のNa+, K+の濃度勾配を形成するNa+, K+ ATPaseと結合し、その機能(活性)を制御する。例えば、血液中の[Ca2+]が低下すると、PTH(副甲状腺ホルモン)の分泌亢進(上皮小体)、CSFへのCa2+輸送亢進(脈絡叢)、糸球体濾液からCa2+再吸収の亢進(遠位尿細管)が観察される。細胞膜貫通ドメインの直上でプロセスされ、分泌型α-Klothoが、血液・脳脊髄液(CSF)・尿より同定される。
    2) Na+, K+ ATPaseを機能的に同定したJC Skou博士が、1997年ノーベル化学賞を受賞した。http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/1997/skou-lecture.html
FGF23との機能協関: 骨から分泌される"リン利尿ホルモン"FGF23(線維芽細胞成長因子)の腎臓における受容体は、FGF23受容体(FGFR1)とα-Klothoとの複合体であった。この結合にFGF23の糖鎖(硫酸化グルクロン酸)が重要な働きをする。2個のα-Klotho/FGF23複合体の4つのGlycosidase様ドメインがリングを形成し、FGFR1を二量体化し、活性化する。

β-Klotho: 肝臓・膵臓・脂肪細胞で発現し、FGF15/19(ヒト肝臓)のシグナル伝達制御に必須の分子として機能している。コレステロールから胆汁酸を合成するCyp7a1の発現を負に制御している。また、β-Klothoは、糖代謝制御・飢餓応答・エネルギー代謝制御に関与しているFGF21の機能制御にも重要と報告されているが、疑問もあり、解決が待たれている。

若手研究者との会食:鍋島先生の講演に先立ち、河野健(循環器内科学講師)、天野英樹(臨床研究センター講師)、天羽康之(皮膚科学講師)、永井真貴子(神経内科学講師)が、ワークショップ「再生医療の分子機構」で最新の研究成果を発表した。http://mlib.kitasato-u.ac.jp/homepage/ktms/soukai/index.html
総会終了後、若手研究者と懇親の場を持ち、記念撮影を行った。(写真右下:前列左から;大内同窓会長、永井講師・神経内科、鍋島先生、和泉学部長、小泉教授・消化器内科、後列左から;永岡相模原市医師会副会長、河野講師・循環器内科、河原医学科長、天羽講師・皮膚科、天野講師・KCRC)

学 歴/研究歴
1972年 3月 新潟大学医学部卒業
1976年 3月 新潟大学大学院医学研究科博士課程修了 医学博士
1976年 4月 新潟大学医学部助手(生化学) 
1978年 7月 同、 講師
1984年 9月 癌研究会癌研究所研究員 
1987年11月 厚生省国立・精神神経センター 神経研究所遺伝子工学研究部長
1998年 4月 大阪大学細胞生体工学センター 教授
1998年11月 京都大学大学院医学研究科 教授
2010年 4月 京都大学名誉教授、財)先端医療振興財団 先端医療センター長

受 賞 等
1987年 3月 朝日学術奨励金
1998年11月 ベルツ賞(共同受賞)
2005年 3月 上原賞 
2007年11月 武田医学賞
2009年 4月 文部科学大臣表彰科学技術賞「研究部門」
2009年 9月 岡本国際賞
2010年11月 紫綬褒章

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 倫理委員会
  • 医学図書館
  • 北里医学会
  • 北里臨床研究センター
  • 研究振興情報
  • 認証評価(準備中)
  • 教職員・学生の方へ
  • 医学部事務室