学部長の元気対談

~ 研修医の喜々楽々~

略歴:

(中村;金子、岡本)北里大学医学部医学科卒(2011.3; 12.3)、北里大学病院で研修中。中村君はサッカー部に所属し、東日本医科学生総合体育大会?(東医体)で活躍した。岡本さんは、ボート部に所属。東医体での成績は、---。金子君は、同級生の勉強の面倒見がいいと評判。
集合写真;中村医師(左)、金子医師(中腰)、和泉学部長(中央着席)、岡本医師(右)

場所・日時:
すし処 久満喜(町田市原町田)、2012.5.28(月)、19:00-

(和泉) 今日は、20011年3月と12年3月の卒業生との会食ということで、楽しみにしています。中村先生の卒業の年は、東日本大震災と同時に起こった福島原発の事故の余波で、卒業式、謝恩会が中止になった学年です。卒業アルバムもまだ出来上がっていないということで、気持ちに一区切りがついていないのではないでしょうか。1年違いですが、金子先生と岡本先生の学年は、国試現役合格率98.1%(111名卒業)を記録した「北里大学医学部40年の歴史に残る学年」です。みなさんは、北里大学病院で研修中の身ですが、大学病院での日々の研修について、元気の出る話しを聞かせて下さい。
研修施設として北里大学病院を選んでくれたわけですが、その理由は。
(岡本)まず、6年間慣れ親しんだ環境である事と一緒に勉強した同期の仲間が多いという事がその理由です。もちろん、大学病院だからこそ、重症例から軽症例、バラエティに富んだ症例を学べるという事が大きいです。市中病院では経験できそうにない症例、先進医療が学べるという事も考えました。医師としてのfirst stepはしっかりと踏んでいきたいと思い、北里大学病院での研修を選びました。毎日が新しい経験で、未熟な自分の成長を実感しています。
(中村)2年目になって思うことですが、研修医は色々な科をローテーションします。それぞれ1~2ヶ月間と限られていますが、その限られた中で、できるだけ多くの事を学ばなければいけないと思いました。研修中の辛いことはすぐに忘れて、「一人前の医師になるための修行」と割り切っています。無理してでも、「楽しくて楽しくて」という気持ちで頑張っています。
(金子)臨床研修センターに坂本教授がおられ、研修医全体に目配りして頂いています。日常的には、配属された各科の中での研修ですが、どの科に行っても、卒業した大学という安心感、信頼感があります。
(和泉)とにもかくにも、選んでくれてありがとう。期待通りであればいいですが、期待はずれなところもありましたか。金子先生と岡本先生は、まだ2ヶ月足らずですが。
(岡本)同期には多くの診療場面で助けられています。研修医1年目で、わからない事ばかりです。同じ境遇の同期だからこそ相談できること、一緒に考えてくれる事があり、私の大きな支えとなっています。
(金子)卒業した大学ですから当然のことですが、北里大学病院は同期が多いという事も魅力の一つだと思います。
(岡本)研修の不満はありません。大学病院の規模の大きさが、マイナスになっているとすれば、電子カルテです。複数の医療従事者が、同じ患者さんのカルテを開いていると、入院登録や退院登録ができない...などの問題があります。
(金子)小さな事ですが、クリニカルパスで入力したものが訂正できなかったり、--。新しい電子カルテシステムには、改善の余地が大です。
(和泉)研修プログラムの内容について、他施設に比べ良いこと悪いことを比較してください、2年目・1年目で違うと思いますが。
(中村)比較できるほど、他施設の研修プログラムを知りませんが、「採血を研修医が行う」という事は良いと思います。
(岡本)右も左もわからず、研修医1年目という立場で、多くの場面で自信が持てない事が多々あります。不安だらけで、心が折れそうな場面も多々あります。。。
(中村)毎日行う採血が上達するだけで、一つの自信に繋がり、モチベーションが変わると思う。また、研修医で、腹腔穿刺ができるようになると、自信がつきます。1年先輩として一言。
(和泉)最後に、学生時代に取り組んだこと(体を鍛えた、所属クラブの喜怒哀楽、東医体で頑張ったことなど)、振り返ってみて卒業後役立っていることは何ですか。
(岡本)学生時代は、ダンス一筋でした(ボート部は3年まで)。ダンスは、「何人かでチームを組んで、意見を出し合って一つの作品を作る」という事をしてきました。その経験と過程は、今、医療現場で必要とされる「チーム医療」にも通ずるものがあると実感しています。
   
<後輩に一言>
(中村、金子、岡本)月並みですが、色々なことを吸収して、学生生活を楽しんでください!
   
(和泉)本年6月30日に定年を迎え、和泉徹の"元気対談"も今回が最後です。本企画の主旨に賛同してご参加頂いたすべての皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 倫理委員会
  • 医学図書館
  • 北里医学会
  • 北里臨床研究センター
  • 研究振興情報
  • 認証評価(準備中)
  • 教職員・学生の方へ
  • 医学部事務室